2017年10月12日

春日市にて特殊清掃。

昨日は春日市にて特殊清掃を行いました。 

今回の現場は2DKで物量もそこまで多くない御宅ではありましたが汚染箇所が酷くハエや蛆虫が大量に湧いていましたのでその駆除から作業が開始となりました。

 

御宅は二階建てアパートの二階のお部屋だったのですが、蛆虫やハエが小さな隙間から外や一階のお部屋に入り込み色々な所でハエが飛んでいました。

 

お部屋の中での作業はまず、床などに落ちているハエやサナギなどを我々が作業するためのスペースの確保の為に掃除機などで撤去する所から始まりました。

 

我々もここまでハエが多い現場は久しぶりに入らせていただきましたが、ハエだけで掃除機の紙パックが何度も一杯になるほどの量でした。

 

ハエの駆使と撤去が一通り終わり汚染箇所の撤去に取り掛かりました。

 

故人様はベッドの上で人生の最期を遂げられました。亡くなられてから発見されるまでに2週間~1ヶ月ぐらいの月日が経ってしまいとても凄惨な状態になってしまっていました。

 

このような最後を迎えてしまった故人様ではありますが、もちろんこのような最後を望んでいた訳ではありません。

 

現場作業中にわかった事は、故人様が写ってる写真を見つけ、拝見する限りでは、人と関わりを持つことが出来ない方ではなかったようでしたが、故人様は晩年、ご病気を患われていたのか薬や呼吸器なども見つかりました。病気との闘いで、入退院を繰り返してたと分かる書類も遺されておりましたので、おそらく仕事も現役から外れておられた為に知人や職場の仲間、親族とも疎遠になってしまって世間から孤立してしまい、誰からも看取られず、一人で寂しく最期を迎えられたのだと思います。

 

このような状態で一人で最期を迎えてしまわれた事は故人様が望んでいた最期ではないと思います。

 

今回の様な理由も含め、世間から孤立して孤独死をしまう方は年々増えております。

 

我々も様々な整理作業をさせていただいておりますが、このような現場で感じる故人様の無念な思いで迎えた最期をFacebookやホームページのブログなどを通して皆様にお伝えして、何かしらの大切な気付き与えられ事を目的とし、微力ながら社会から孤立を減らしていく御手伝いをさせていただきたいと思います。

 

そして作業をしているなかで故人様の想いや遺されていかれた思い出の品などを出来るだけたくさんご遺族様に伝える事で、凄惨な状態で発見された事から推測される希薄な親子関係を亡くならた後ですが、我々が行う「心で整理」で、その関係を改善していけるように、まごころを込めて作業をさせていただきます。

 

株式会社 友心
花田 慎司 (はなだ しんじ)

 

【対応エリア・サービス内容】

 

福岡市(東区・博多区・中央区・西区・早良区・城南区・南区)

 

筑紫地区(大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川町)

 

久留米市(鳥飼・節原・国分町・御井町・合川・山川・上津荒木・高良内・山本・宮ノ陣・草野・筑邦・善導寺・田主丸町・北野町・城島町・三潴町)

 

北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉東区・八幡東区・八幡西区)を中心に隣接する福岡県内の市町村はもちろん、九州一円・山口県までの生前整理、遺品整理、空家整理、店舗整理、各種整理作業に伴うリユース品の買い取り、特殊清掃、オゾン発生機での3D除菌(消毒)・消臭作業、安否確認サービス「見まもっTELプラス」の商品導入、各地域での目的別講師派遣のご依頼は友心・まごころサービスにお任せ下さい。

 

また、株式会社 友心では、まだまだ使用可能ですが、国内で再販には難しい処分予定の家財品一式を生活困窮者、ひとり親世帯、天災などによる被災地への寄付活動はもとより、平素より関係各社様から、ご紹介いただいております遺品整理、特殊清掃のご依頼1件につき2000円を福岡市社会福祉協議会が高齢者の生活支援・住み替えをサポートする事業「住まいサポートふくおか」への寄付、また、生前整理のご依頼1件につき売り上げの1%を福岡県赤い羽根共同募金ならびに春日市社会福祉協議会へ寄付させていただいております。

 

株式会社 友心

 

友心PV

 

友心まごころサービスFacebookページ

 

一般社団法人 家財整理相談窓口

 

家財整理相談窓口Facebookページ

 

見まもっTELプラス

 

グラサン九州

 

朝日新聞デジタル