2018年02月02日

安否確認サービスのご案内

本日アクロス福岡シンフォニーにて行われました福岡県宅建協会の本部講習会に参加させていただきました。
参加者は管理会社様、オーナー様等、約1200名の方が参加していただいておりました。

 

友心まごころサービスでは、家財整理相談窓口でご一緒させていただいております、ホームネット株式会社様の見守り・安否確認商品であります『見守っTEL➕(プラス)』のご案内ということで参加させていただき、数分ではございますが壇上でお話しさせていただく時間までいただきました。
見まもっTELプラス
http://www.kazaiseiri-soudan.org/mimamotte.html

 

この商品は電話による自動音声ガイダンスでの安否確認と万が一の保証を兼ね備えた商品になっております。
日々現場に向き合う私たちだからこそわかる現状を伝えるべく、代表の岩橋の代理で壇上に立たせていただきましたが、さすがに2階席まで人が座っている会場の壇上に立つと声が震えそうでした。
普段代表の岩橋の話を聞くばかりでしたが、改めて人前で話をする難しさを感じた1日になりました。

 

さて当社にも居室内死亡案件が昨年70件弱、今年は始まって1ヶ月ですが、すでに5件問い合わせいただいております。
どの物件もこの見守りサービスを導入していたならば、どういう結果になっていいた事でしょうか?
週に2回見守りコールがあれば、間違いなく万が一が居室内で起きてしまったとしても、3日以上は経過することはございません、1週間、1ヶ月も異変に気づかなっかたという事はなく、もしかすると孤立死(孤独死)を未然に防ぐことができた現場もあったのではないでしょうか?

 

誰も孤立死(孤独死)を望んではいません。

 

単身高齢者の住み替えのニーズは今後ますます増えてくる事と思います。

管理会社様、オーナー様の望まれるかたちでの空室対策となり、物件を守ると共に孤立死(孤独死)がなくなるようこの商品を推奨し続けていきます。

 

2/2は筑豊地方、2/13は久留米地区、2/14は北九州地区にて同様の講習会に参加させていただきます。
このブログをご覧になっていただける管理会社様、オーナー様いらっしゃいましたら「見まもっTELプラス取扱店」として是非前向きにご検討いただければと思います。

 

 

 

 

株式会社友心
中村 涼(なかむら りょう)

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/

 

一般社団法人 家財整理相談窓口
http://www.kazaiseiri-soudan.org/

 

 

 

 

 

 

iPhoneから送信