2018年06月18日

医療・介護 福祉の垣根を越えて支え合いのまちづくりの実現 地域包括ケアシステム「福岡モデル」の構築に向けて

地域包括ケアを支える会
2018年 定時総会・公開例会

 

 

団塊の世代が75歳以上となる2025年を目処に、重度な介護状態となっても住み慣れた地域で「自分らしい」暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が全国の各市町村ごとに求められる時代にきております。

 

地域包括ケアシステム(厚労省HPより抜粋)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/

 

そんな中に「地域包括ケアを支える会」が中心となり、地域包括ケアシステムの『福岡モデル』を確立しようと、有志が一堂に会し、さまざまな専門分野の方々が同じ目的に向けて前向きな熱い意見を交換する有意義な会となりました。

 

誰からも看取られずに亡くなり、数日~数週間経過して、近隣の方が異臭によりその事実が発覚する「孤立死」という悲しい最期を迎える人生を望んで暮らしている人は1人もいないと思います。

 

今年に入り、弊社にお問い合わせがありました「孤立死」の現場からのご依頼だけでも40件を超えているのが現実です。

 

行政も民間も住人も、誰もが他人事ではなく、自分事として主体的に意識をして『支え合いのまちづくり』に地域全体で取り組んでいかなければならない時代にきてると強く感じております。

 

僕はどちらかと言えば仕事事務に携わるイメージの強い「遺品整理」業者ではございますが、医療、介護のみならずその周辺事業者が業種の垣根を越えて関わっていかなければならない課題であると思います。

 

 

支え合いのまちづくりにご賛同いただける多くの事業者様のご参画を心よりお待ちいたしております。

 

株式会社 友心
代表取締役 岩橋ひろし

 

 

友心・まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/