2018年08月24日

佐賀県 佐賀市で空家整理

佐賀市で空家整理を行いました。

 

現在の核家族化により、遠方に住んでたご両親がお亡くなりになった後の家の中の家財道具が手付かずで、そのままの状態になっているご実家が「空家」となっているケースが全国各地で問題となっております。

 

日本の住宅数は6,063万戸(2013年度)で、空き家率は13.5%(820万戸)となっています。つまり、全国の7軒に1軒が空き家ということになります。

 

空き家とひと口にいっても、戸建てもあればマンション、アパートもあり、さらにはそれが自宅用であったり、賃貸用であったり、その種類は様々です。

 

特にここ5年間でみると、増加しているのは「一戸建て」です。2008年から2013年までの5年間で増えた空き家62万8000戸のうち、一戸建てはその8割近くにのぼります。

 

空家問題は年々深刻化しておりますが、このまま利活用や家屋除却等が進まなければ、2028年には1,700万戸超え4戸に1戸が空き家になるといった民間推計もあります。

 

家は住まなくなるとどんどん荒れていきます。
このような家が7軒に1軒あったら、様々な問題が起こります。

 

①周囲への悪影響
・建物倒壊、損傷による被害
・害獣、害虫などの被害
・景観悪化

 

②犯罪の危険
・不法侵入、不法占拠の可能性
・放火の危険性

 

③住宅市場需給バランス悪化
・価格崩壊の可能性

 

様々な理由があり、空家となってしまっているとは思いますが、誰も住まなくなってすぐであれば、賃貸や売却も可能だとは思いますが、それ以外の家の利活用方法も、シェアハウス、イベント会場、カフェ、デイサービス等々…地域のコミュニティとして、いろいろな方法はありますし、早い段階であれば、中の家財道具等を含めて買い取れる物もたくさんあります。
放置空家となり、中の物も劣化してリユースが出来なくなって処分しなければならなくなる前に、リユース前提の家財整理を行い、空家の利活用することを推奨します。

 

 

一般社団法人家財整理相談窓口 理事
株式会社友心 代表取締役
岩橋ひろし

 

 

一般社団法人家財整理相談窓口
https://www.kazaiseiri-soudan.org/

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/