2019年01月13日

太宰府市東ヶ丘地区でどんど焼き

私の住んでいる地区でどんど焼きを行いました。どんど焼きとは、主に門松、しめ縄、破魔矢などの正月飾りを焼いて、歳神様を煙に乗せて天に帰るお見送りをし、無病息災を祈る伝統行事です。

 

前日に、どんど焼きの櫓を組む為に小学校に集まり、自治会長や大先輩方の指示のもと近くの竹林に竹を切り出しに行きました。30本ほど切り出した竹をソフトボールチームの小学生に運んでもらい櫓を組んでいきました。

 

 

 

 

 

おやじの会のお父さん達や育成会のお母さん達や子供達、自治会長をはじめ沢山の地域の皆さんの協力で3時間ほどで完成しました。

 

最後は公民館で女性部の方達が用意して下さった豚汁をみんなで頂きました。
ご馳走様でした(^o^)

 

近年、どんど焼きやお焚き上げを行える場所が少なくなってきています。庭で落ち葉などを燃やす焚き火やバーベキューでさえ条例で禁止されている地域が有ります。
もちろん、環境問題やゴミの問題、火事の危険など様々な理由で規制されていると思いますが、伝統や文化を後世に伝えて行く事は守って行きたいし、大切にしたいと思いました。

 

 

 

私の住んでいる地域は、高齢者の方が沢山いらっしゃいます。その大先輩達から沢山の知恵や経験を教えて頂き、いろいろなお話を聞かせて頂きました。
今日のどんど焼きをはじめ地域のお祭りや行事、廃品回収や防犯パトロール、様々な地域の活動は、人と人との繋がりを深くし助け合って生活して行く為の大昔から代々伝えられてきた大切な伝統なんだなと深く感じました。
私も沢山の経験を積み、学び、理解し、子供達に繋げていきたいと思います。

 

今日も、豚汁とぜんざいと少しの日本酒を頂きました(^-^)v ご馳走様でした。

 

 

株式会社友心 本多

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/