2019年02月06日

友心スタッフの遺品整理に対する仕事観と強みとは

「遺品整理」単純に言えば『実家の片付け』というご依頼内容が多いのですが、ご依頼者であるご遺族様が長年住んでた頃の記憶が色濃く残っているのは学生時代ぐらいまでで、実家を出てからは何十年と年に数回程度しか行き来がなく、親と共に暮らしていた年数よりも現在の生活の年数の方が長くなり、当時の記憶が曖昧になってきた頃に訪れるのが「遺品整理」です。

 

幼少期から家を出ていくまでの記憶は頭の中の引き出しには必ずしまってあるのですが、直近の関わりが年に数回の頻度での、ある意味希薄化した関係性だった晩年期だった事もあり、いざ遺品整理をしなければならなくなったタイミングで全ての出来事を即時に時系列で思い返す事ができる方は少ないと思います。

 

ご遺族様が、幼少期の記憶を鮮明に思い返す事に至った場面に何度も遭遇してきましたが、それは、遺されたご遺品を手にされた瞬間に、モノに宿る記憶とリンクして過去の家族共有の記憶が甦るといった事なのです。

 

我々の仕事は、「中のモノは全て確認済みなのであとのモノは全て処分してください。」というご依頼通りに事務的に行う単なる「実家の片付け」ではなく、やはり弊社の理念にも掲げておりますが、『想いを大切に~故人と遺された側の想いを繋ぐ架け橋であれ~』という家族の関係性、『絆』を再度深める最終最期の機会に向き合う責任重大な仕分け人であるという自覚を常に持ち続けなければならないという志事です。

 

だからこそ、お見積時には、最も重要となるスキル【傾聴力と質問力】の質を高めていく事が求められるのです。

 

お客様より「処分してください。」で始まり、数々の現場で手にしてきた遺品(想い出)をご遺族様へ届ける度に、其々のご家族の想い出に触れ、僕らの記憶に刻まれてきた数々のエピソード。

 

我々友心スタッフ一同がこれまでに統一した仕事観でお客様への関わり方で大事にしてきたこと「楽しい想い出、悲しい想い出も全て無かった事になる前に思い出すきっかけを与えてくれた」というお客様にからしてみれば、求めていた以上の予想外のサービス提供、つまり、我々が作業中に、ずっと昔の故人様やご遺族様の視点から見ようと意識しなければただの不用品として取り扱われておしまいだった…という、これまでのプラス経験値と、理念を共通判断軸に統一させてきたからこそ自然と身に付いてきた「傾聴力」と「質問力」

 

 

「遺品整理」それは、人生において1度きりの最終最期でやり直しのきかない『想い出整理』

 

「あなたたちに頼んで本当に良かった❗️」という心からのありがとうを毎回いただけるように、

 

いや、むしろ

 

全スタッフが「僕らに依頼されて良かったですね。」と毎回こちらから言える会社で在り続けます。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

 

株式会社友心
代表取締役 岩橋ひろし

 

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/
 
エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/
 
久留米市資源循環推進課リユースショップ連携事業
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html