2019年04月20日

遺品整理で見つけた写真

4/19 今日は何の日?

 

インターネットで今日は何の日か調べてみると、地図の日(最初の一歩の日)と出て来ました。伊能忠敬が測量に出発した日だそうです。

 

その後16年にわたって測量をして歩き、本格的な日本全土の実測地図である「大日本沿海輿地全図」を完成させて、国土の正確な姿を明らかにした。と書いていました。

 

現代では、衛星写真をスマホで見れたり、GPSを使って自分の位置を知ったりする事が出来ます。最初の地図が出来て約200年が経ちましたが、すごい進歩ですよね。

 

私が車の免許を取得した25年前頃は、カーナビなどは無く、みんな地図を見たり、人に聞いたりしながら目的地まで行ってましたよね(笑)

 

遺品整理をしていると、古い地図を見つけることがあります。世界地図などは、ソビエトや西ドイツ東ドイツなどの表記があったり、自分の住んでる地域の地図は、道路や橋が無かったりするので、見ていて楽しいです。

 

先日、福岡で遺品整理をしていたら、鶴ケ島インターチェンジ(埼玉県)の写真を見つけました。私は、数十年前に埼玉県に住んでいたので懐かしくて写真に撮って、現在の衛星写真と比べてみました…。
畑や森だったところに家がビッシリ建ち並んでいました。😲

 

写真の持ち主は、どんな仕事をしていたのか?
遺品整理が終わる頃には、ほんの少しだけですが、わかったような気がします。
ご遺族様と写真を見ながら想い出話が出来るのも、遺品整理業の醍醐味だと思います。

 

想い出を沢山伝える事が出来るように、見落としの無い丁寧な遺品整理をこれからも心掛けていきたいと思います。

 

株式会社 友心
本多

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/