2019年05月24日

人と人・地域とのつながり 遺品整理・特殊清掃の現場から

最近特殊清掃のご依頼が増加しています。
孤独死(孤立死)・自殺・殺人と理由は様々でしょうが、これからの季節は気温と湿度が高くなることで遺体の腐敗の進行が早くなり、近隣の方々が匂いを感じそれにより発見に至るという場合が多いです。

 

遺品整理や特殊清掃を行っているといつも故人様はどのような気持ち・想いで最期を迎えられたのかと、作業をしながらいつも考えています。
晴れやかな気持ち、後悔のない人生だったという気持ち、等。このように思えるのは大変幸せなことですが、殊に特殊清掃の場面ではそうでないことが多いと思います。
人と人・地域とのつながりが希薄化が最な原因だろうと思います。もっとも、これらのつながりを持つ事に抵抗を感じている人も多いでしょう。

 

人は鏡だというように、人は自分のことをいろんな意味で教えてくれます。
人と関わることで、自分を理解し、自分が何を求めているのかもわかってくると思っています。
ネット社会と言われている現代ではネットでのコミュニケーションも取れますが、実際に人と会うことで得られるものは比べものにならない程の大きな価値があると思います。
地域のコミュニティに参加すれば、異なる職業を行っている人・人生経験豊富な年配の方々、等に会え、自分を知るもしくは成長につながる機会が沢山あります。
かく言う私も積極的に参加し、自分を見つめ直す機会にしています。

 

人と人・地域とのつながりを大切に、誰もが孤独を感じない世の中になることを願います。

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE

http://ys-reuse.com/