2019年07月10日

久留米市で家財整理。

本日久留米市にて家財整理の作業をさせて頂きました。

 

なるべく処分する物を減らす為にリユース・リサイクルに力を入れておりますが、今回は3DKのお部屋でしたので、平ボディの1.5tトラック2台程の処分品が出てしまいました。

 

家庭から出る処分品(ゴミ)は、指定袋に入れて収集日に出すか、ご自身で処分場に持ち込みをするか、市区町村から一般廃棄物収集運搬の指定を受けた業者に臨時収集を依頼して持って行ってもらうかしか有りません。

 

市区町村から指定を受けていない業者、あるいは居住者ではない個人がゴミを敷地内から出す事は法律(条例)で禁止されています。
友人が善意でゴミを処分場に持って行ってあげる事も違反になってしまいます。(自治体によりルールは違います)

 

実は久留米市では、一般家庭から出るゴミを臨時で収集出来る業者は1社しかございません。
この業者以外は、家庭から出るゴミを臨時で収集し、処分場に運ぶ事は出来ません。
産業廃棄物収集運搬業や便利屋業や運送業などの業者さんは、一般廃棄物のゴミを敷地内から持ち出す事は一切行ってはいけません。

 

今回の久留米市の家財整理も、1ヶ月前から臨時収集の依頼を久留米市役所を介して指定業者に依頼をしておりました。電話で予約をするときは、ご依頼者様本人から市役所に連絡をしないと受け付けて頂けません。私達のような業者から連絡をし、予約する事は出来ないのです。

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)が、今の時代、ニーズに合っていないような気がします。(個人的な感想です)
ただ、ルールは守らないと行けません。このルールを守らない、あるいは知らない業者があまりにも多いと思います。
ゴミの越境や不法投棄を堂々と語る業者もいらっしゃいます。

 

しっかりとルールを守り、適正に処理をしている業者さんもたくさんいらっしゃいます。
正しい事をして損をする、不正な事をして得をするような世の中にはなって欲しく有りません。

 

ご依頼者様のご希望になるべく添えるように、ゴミの問題について環境省や自治体としっかり連携を取って、取り組んでいきたいと思います。

 

株式会社友心 
本多

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com

image1.png