2019年10月14日

出会い。

人生一度きり。

 

その一度きりの人生のなかで、人は様々な選択肢を迫られる。

 

選んだ道、選ばなかった道にそれぞれ違った未来があるでしょう。

 

その無数の選択肢の中で、人はそれぞれの大切な人達と出会い、人生を共に歩んでいきます。

 

しかし、それは親とひとつ屋根の下で一緒に過ごしていた学生時代から自立した後は、目の前の日常に追われる日々を過ごし、親と一緒に過ごす時間も段々と少なくなっていくのは当たり前という昨今の核家族社会では、そのうち別世帯で家庭を築くものの、毎週日曜日には子どもたちを連れて家族で実家に帰省する…なんていうのは、理想の話で、今の時代では、夫婦、親子間ですらも同一世帯内で顔を合わせる時間も少なく、近隣との人間関係の希薄化も進み、自分の親と最後に会ったのはいつか思い出せないという方もいるのも現実です。

 

長い間一人で生きていくうちに、人と関わりを持つことを恐れ、人から優しくされると心が締め付けられるように苦しい…。

 

「一人でいよう。」

 

「誰にも迷惑をかけたくない。」

 

そんな思いで一人寂しい最期を迎えてしまった部屋と対峙する機会が増えてきました。

 

その人がどんな思いで一人で生きていたのか。

 

人生をやり直す事が出来るならば…。

 

誰でも考えたことがあるでしょうが、人生をやり直すなんてことは不可能です。

 

ですが、やり直すことが無理でも生き方を変えることは出来るんです。

 

生き方を変える。

 

言葉にするだけなら簡単ですが、これが難しい…。

 

人生には生き方が変わる機会が必ず存在します。

 

幸か不幸かは別として、そこには必ずと言っていいほど、人との出会いがあります。

 

その出会いはあなたにとって、気にも留めない存在かもしれません。

 

ですが、その出会いはあなたの人生を輝かせるきっかけを持っているかもしれません。

 

「全ての出会いには意味がある。」

 

全てはその場、その場の出来事に対して自分自身が選択してきた結果の延長に今の自分の姿があるのは事実です。

 

1度きりの人生の最期はどう在りたいかを真剣に考えて今をどのように過ごし、大切に生きる理由を見つける…そこに正しい選択が生まれてくるのではないでしょうか?

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
松平 翔太(まつひら しょうた)

 

http://yushin-magokoro.com/blog/1652