2019年10月26日

孤立死を無くすには地域のコミュニティが大切!

本日は、PTAの九州ブロック研究大会に来ています。今年は福岡県が開催地なので、スタッフとして参加しています。先月は商工会青年部の九州大会(沖縄)に参加して来ました。

どちらも地域の発展、子供たちの育成を目的として活動をしている団体です。

小さなコミュニティが集まり、それぞれが地域の為子供たちの為に様々な活動を通して少しずつ繋がっていき、やがて大きな団体になっています。

沢山の人達と繋がることによって、情報の共有はもちろん、安心、安全にもつながっていくのだと思います。

私たちの仕事、遺品整理や特殊清掃は地域コミュニティの崩壊や核家族化によって年々増加しています。特に孤立死(孤独死)は、社会問題にもなっています。弊社にも今週は2件の特殊清掃の依頼がありました。

孤立死を無くすには、やはり地域との繋がり、社会との繋がりがとても重要だと思います。

私達に出来る事、私達にしか出来ない事、色々あると思いますが、まずは近隣の方々と繋がり、見守り合える関係を築いていって下さい。

少しでも多くの方々が繋がり、支え合う地域を作っていけるように行動して下さい。

正解や答えがない問題なので、自分自身が「良い」と思う事から始めればいいと思います。

私も色々な所に顔を出し、少しでも多くの人達と繋がれるように行動したいと思います。


株式会社友心 

本多

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 Y’s REUSE

http://ys-reuse.com