2019年11月04日

遺品・家財整理 Reuse

皆さん、こんにちは。

11月に入り、段々と寒さが際立って来ておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

弊社では、10月から11月にかけて遺品整理・家財整理作業の御見積りや作業、国内Reuse・海外Reuseと慌ただしい日々でした。

 

弊社へのご依頼や問い合わせの量から察せられるように、実家の遺品整理や自宅の家財整理を業者に依頼するということが多くなっています。
その大半は「必要なものは取りました、他は全て要らないので処分してください」というご依頼です。しかし、その中には、まだ使えるものが沢山あります。
年式にもよりますが家電(テレビ・冷蔵庫・洗濯機)はもちろん、未使用の贈答品(タオル、石鹸、陶器など)・食器・バッグ・靴・調理器具・工具・ペン類etc…
これらは全て買取対象の品であり、作業費から差し引いていきます。
全てを処分すれば早期に片付けることができますが、まだ使えるものはReuseすることにより廃棄物を少なくすることができ、お客様の費用削減にもつながり、ひいては処分時のCO2発生も抑制できるため環境問題にも貢献できます。

 

また、先日これらReuse品の買取のため、同業者様の会社まで行ってきました。
同業者様においても、作業が立て込んでReuseに手が回らないといった他、Reuse品の取扱いにお困りのときは、処分を検討せずいつでも弊社にご連絡ください。

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE
http://ys-reuse.com/