2020年01月07日

2020年も友心を宜しくお願いします!

新年明けましておめでとうございます。

 

 

私事ですが、年末年始は令和の元号ゆかりの地太宰府市の坂本八幡宮にて私が監事を務めております一般社団法人太宰府創生協議会で、寒い中に並ぶ多くの参拝者向けに暖をとるための湯茶の接待をはじめ、3日まで協議会オリジナルの御朱印帳、手作り水引きグッズ、令和まんじゅう、令和どら焼き、ぜんざい等の販売を行いました。
令和ゆかりの神社ということもあり、大晦日にはNHKゆく年くる年の撮影が入るなどの影響もあってなのか、おかげさまで多くの参拝者で賑わいまして、大忙しの年末年始となりました。

 

 

2019年は家財整理業を営む民間事業者である弊社と行政との連携がさまざまな場面で実現した年でした。

 

5月 「もったいないない」の心があふれる暮らしの実現に向けてというテーマで久留米市と合意締結を交わし産官でのリユース連携を事業化し、エコでお得なリユース生活始めませんか?という内容でリユースをチラシを全戸配布することで事業開始。

 

https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

7月 福岡市より家庭系一般廃棄物収集運搬許可(限定許可)を受け、福岡市内で突発的に発生した遺品整理時に排出される一時多量ゴミの収集運搬が可能となりました。

 

http://100.city.fukuoka.lg.jp/actions/2322

 

7月 私が理事を務めております家財整理相談窓口が2018年12月に福岡県より居住支援法人指定を受け、住宅確保要配慮者への支援活動に関する情報等を共有するとともに、福岡市居住支援協議会との連携を図ることを目的として福岡市居住支援法人連絡協議会が設置されました。同時に当連絡協議会の副会長を拝任し、福岡市居住支援協議会の正式な構成員として参画することになりました。

 

https://www.city.fukuoka.lg.jp/jutaku-toshi/jigyochosei/life/kyojuushienkyougikai.html

 

 

12月 大野城市社会福祉協議会主催の市民福祉フェスティバルで権利擁護セミナー、福岡市社会福祉協議会主催の市民福祉講座で講師を務めました。

 

http://fukuoka-shakyo.or.jp/news/lecture_detail.php?no=155

 

 

昨今の地域住民同士の絆の希薄化、仲間力が弱体化し、孤立する方が多く見受けられるようになり、孤立死の問題などが急増している中で、我々の現場で起きている事実からの声を地域社会に広く配信していくことが必要とされていると強く感じております。
こういった問題を解決していくためには、地域社会全体で超高齢社会を支えていく必要が出てきます。

 

 

2020年は更に産学官連携の強化に力を入れて「住まい」を中心に誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるような仕組みを構築し、より具体的なサービス提供を実現していきたいと思います。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

株式会社友心
代表取締役 岩橋ひろし