2020年01月26日

孤独死・孤立死 特殊清掃

1月も後半に入り、寒さもいちだんと厳しくなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。時節柄ご自愛ください。

 

友心では、1月に入っても遺品整理・特殊清掃の作業や問い合わせが多く入っております。これも超高齢化社会を迎え、お亡くなりになられた方が遺されたものや家財の整理が社会課題となっていることの現れだと感じています。

 

先日も孤独死された方のご自宅の整理をしました。ご遺体の腐敗や周囲の状況から、死後数週間ほど経ってからの発見であったと思われます。
なぜ発見がこれほど遅くなってしまったのか。ご親戚の方が近くにお住まいで、また故人様も社会から孤立しているような方ではなかったのにも関わらずです。

 

この私が述べた事が意味することは、どんな方でも孤独死される可能性があるという事です。
さて、大切な方へ最後に連絡したのはいつでしょう。
中には今にも助けが必要な方がいるかもしれません。

 

 

孤独死・孤立死が生じる原因は様々あると思いますが、大きなものの中の一つに地域や社会とのつながりを持たないことが挙げられます。そうであるならば、つながりを持つようにすればいいのでしょうが、今まで社会とのつながりを避けてきた方にとっては難しい事です。

 

このブログを読んでくださっている方々は、おそらくこの分野に興味がある方だと存じます。出来ればこのブログを読んでいるあなた方からアクションを起こし、孤独死が心配されている方々の事を気にかけることから始めて、いずれは皆で社会を見守る体制を作り出していきたいです。

 

家財の整理に関しては、弊社においていつでも対応できる体制を整えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE
http://ys-reuse.com/