友心まごころブログ

2018年07月29日

「遺品整理の現場から」本門佛立宗 光薫寺にてご信者様向けに講演

本日は日頃から大変お世話になっております小泉社長からのご縁で繋げていただきました光薫寺の小林信翠ご住職よりご依頼をいただき、ご信者様向けに講演をさせていただきました。

 

「遺品整理の現場から」
日頃、我々が感じる機会が増えてきております家族間の繋がりの希薄さ、近隣の方々との関係の希薄さという人と人とのコミュニケーション不足の先で起きてしまっている、誰もが望むはずの「自分らしい」人生のエンディングとはかけ離れた誰からも看取られず突然訪れた悲しい死「孤立死」

 

現実に増え続けているこの深刻な社会問題に対して、他人事ではなく、自分事として捉えていただき、拝聴された方々の大切なご家族や、近隣の方々から同様のケースが起きないように、今日から出来る人として当たり前だけど、現代社会では、あまり主体的に実践が出来ていない「挨拶」や、離れて暮らす家族間での「何気ない会話」というコミュニケーションを今一度、習慣化させていく事の大切さを強くメッセージさせていただきました。

 

1度きりの人生の最期を誰からも看取られず亡くなる事を望んで生きている人はひとりもいません。

 

核家族社会で家族が離れて暮らすことが当たり前な時代となっておりますが、皆さんの地域で不安を抱えながらも誰にも頼れずに、寂しさを我慢してひっそりと暮らす単身高齢者の方々に目を向けて、その誰もが「自分らしく」をテーマに住み慣れた地域で何の不安もなく暮らすことが出来るような支え合いのまちづくりを地域に住む皆が主体となり意識していただけると、離れて暮らす自分の大切な家族もその地域に見守られていく社会へと変わっていくのではないでしょうか?

 

最期は誰かに迷惑をかける事を目的にひとりで暮らしていたわけではなく、本音は昔のように夕食は家族で食卓を囲みたい…そんな気持ちを抑えてひとり寂しさを堪えて生活をしていただけなんです。

 

いつから、ご近所さんと挨拶すら交わさない社会となってしまったのだろうか。

 

隣に住んでて最近姿を全く見てない事も気にしないような社会で良いのでしょうか?

 

特殊清掃業務に携わる立場の我々は、決して事務的ではなく、真剣に「なぜこうなってしまったのか?」という事実と親身になって向き合わなければ、今後ますます深刻化していくと言われている「孤立死問題」を未然に防ぐ解決案へと繋がらないと思い、毎回現場に遺された「無念な想い」を真摯に受け止め、今後も孤立死や自殺のない明るい豊かな社会の実現に向けて尽力いたします。

 

光薫寺 小林信翠ご住職 本日は貴重な機会をありがとうございました。

 

 

株式会社友心
代表取締役 岩橋ひろし

 

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

光薫寺
http://www.honmon-butsuryushu.or.jp/kokunji10

 

 

2018年07月24日

福岡市中央区で遺品整理。

本日、福岡市中央区にて遺品整理を行いました。

 

お客様のご自宅は3階建てでとても広く、生前によく海外旅行に行っていたようで、お部屋には現地で買ったアンティークの雑貨や家財がたくさん飾ってありました。

 

仕分け作業をしていると、必ずと言っていいほど奥から出てくる写真や想い出の遺品。

 

全てのお客様が遺品整理の作業に立ち会えるわけではないこの世の中で、赤の他人である業者の我々が現場でどれだけ故人様の想いを汲み取り、お客様へ伝えることが出来るのか…。

 

作業終了の最後の立ち会いの日に、お客様に現場から埃を被ったご遺品一つでもお見せすると、空っぽになった部屋を見て悲しい顔をしていたはずが、当時の記憶が蘇り笑顔で想い出話しを聞かせてくれます。

 

遠い昔に忘れてしまっていた その人との楽しかった想い出の記憶の鍵を開くのは、写真であったり、物(遺品)だと私は思います。

 

様々な家庭の事情で弊社にご依頼いただいた、お客様にご満足していただくのは勿論ですが、ご自身で遺品整理が出来なかった事に悔やむご遺族様の心の負担を少しでも軽減する責任が我々にはあると思い、明日も「心」で整理を行いたいと思います。

 

株式会社 友心
松平 翔太(まつひら しょうた)

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

http://yushin-magokoro.com/blog/1355

 

 

2018年07月13日

一般社団法人 家財整理相談窓口 理事会

一般社団法人 家財整理相談窓口
H29年度 第5回理事会

 

現在、少子高齢化や核家族という社会問題を背景に、今後ますます需要が高まる家財整理業に携わる業者に求められるコンプライアンスの遵守において、早急に「新たな基準」を設けなければ、円滑な適正業務を行う上での課題がたくさんあります。

 

私共が推奨する家財整理(生前、遺品、空家)とは、一般家庭でご使用になられていた家財(家具、家電、食器、寝具、衣類、日用生活雑貨等々)の全てを出来る限りリユースする事を前提とした整理業務を基準としておりますが、リユースが出来ないモノについては当然「処分」という選択をしなければなりません。

 

この「処分」の過程においては、各市町村によるルールに基づいた適正な処理が求められるのですが、現代社会の家族を取り巻く急激な状況の変化から、これまでにはない時代のニーズに対して、既存のルールでは対応が追いついていないのが現状なのです。

 

家財整理相談窓口では、あくまでも消費者目線で適正な業務が行える体制整備を第1に考えておりますが、既存の民業も圧迫する事のない理想的な仕組みの構築を目指して度重なる会議を開催しております。

 

 

株式会社友心 代表取締役
一般社団法人家財整理相談窓口 理事
岩橋ひろし

 


 

 

2018年06月16日

糟屋郡久山町にて家財整理!

昨日は糟屋郡久山町で一昨日より空家となっていた家の整理をさせていただきました。

 

全て処分して良いとのご依頼でしたが、数多くの想い出の品が出てまいりましたので、後日しっかりとお返しいたします。

 

また弊社では、全て処分のご依頼の場合でもリサイクル・リユース品として御見積時に提案させていただきましてお客様のご負担を減らすために日々努めております。

 

今後も一つ一つ確認して仕分け作業を行うため費用的にもかかりますが、お客様の力になるためにさらにリユースに力をいれていきたいと思っております。

 

最後に最近では数多くの遺品整理と特殊清掃のご依頼がありますが、忙しいからと言って雑な作業ではなくこんなときこそスタッフ一同「想いを大切に」一つ一つ丁寧な整理を心掛けたいと思います。

 

舘林洋光(たてばやしひろみつ)

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

 

2018年06月17日

博多区東月隈にて遺品整理!

昨日は博多区東月隈にて遺品整理と筑紫野市二日市にて引越し作業を行いました。

 

博多区東月隈の遺品整理ではお客様立ち会いで整理させていただきましたが、お客様自身の学生時代の通知表など想い出の品がたくさん出てきました。

 

現地で大切に保管されていたことを一緒に感じる事ができ、また当時の想い出話を共有することができとても光栄に思います。

 

本来ならご自身で全ての整理を行いたい方がほとんどでしょうが、自分達ではどうすることも出来ないため私たちのような業者に依頼される事が増えてます。

 

一つ一つの想い出はご本人様と故人の間でしかありませんが、そこに他人である私たちが入ることによって、その想い出をなくしてしまうことは簡単ですがしっかりと考えながら整理することにより本当の意味で感謝してもらえると私は信じてます。

 

もし私自身がお客様だったら、「全て処分して」と伝えたとしても最後に想い出の品を目にするだけで当時の想い出がよみがえると思います。

 

家族との希薄化が進むなか、小さな想い出だったとしてもその想い出を振り替えってもらえることが大切で今後の墓前での手の合わせ方も変わると信じております。

 

今後も今回のお客様のように心から「ありがとう」と言ってもらえるように想いを大切に整理していきたいと思います。

 

舘林洋光(たてばやしひろみつ)

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。