友心まごころブログ

2017年12月17日

2017年友心忘年会!

昨日は友心の忘年会を行い予定が合わず全員参加は叶いませんでしたが、懇親を深めることはもちろんですが今年の振り返りや来年に向けて一人一人が考える時間になりました。

 

弊社の成長は勿論ですが、私自身も今年は学びの一年になり、その学びの場を提供してくださいました方々、学びのために時間をくださいました上司やスタッフに感謝する年になり、本当に成長したと実感できる一年になりました。

 

しかし今年の始めに宣言した結果を残すことができておりませんので、まだ2週間あります最後まで結果を求めて努めてまいります。

 

また、先日別の忘年会で私が尊敬しております大先輩が「忘年会」ではなく望む年の会「望年会」です、と言われたときに気が引き締まる思いでした。

 

スタッフ一同今年中にもう一度今年一年を振り返り、来年自分がやるべき事を明確にし来年もしっかりと望む年にいたします。

 

皆様も今年残りわずかですが、まだまだ出来ることはたくさんあると思いますので、体調管理には十分注意して最後まで今年一年後悔のないように過ごしてもらえたら幸いです。

 

株式会社友心 舘林洋光(たてばやしひろみつ)

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

友心PV
https://youtu.be/_V_T8SIMTl8

 

友心まごころサービスFacebookページ
https://www.facebook.com/yushinmagokoroservice/

 

一般社団法人 家財整理相談窓口
http://www.kazaiseiri-soudan.org/

 

家財整理相談窓口Facebookページ
https://www.facebook.com/kazaiseiri.soudan/

 

見まもっTELプラス
http://www.kazaiseiri-soudan.org/mimamotte.html

 

グラサン九州
https://youtu.be/IYAqR2Utf4c

 

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK885470K88TIPE01S.html

 

 

2017年12月13日

佐世保にて生前整理作業に行ってきました。

今回の舞台は佐世保です。
1泊2日にて2件の生前整理作業に行ってきました。

 

年末ということもあり、大掃除も兼ねてということとあるでしょうが、今生前整理、家財整理のご依頼が非常に多いような気がします。

 

今回作業させていただきました1件のご自宅でのお話です。

 

ご依頼内容は以前引越しで地元佐世保に戻ってきて、今のご自宅に荷物の置き場が無かったため(それでも充分なほど広い戸建てです。)500mほどさきの賃貸に全て入れてもらったそうです。

 

それから2年の月日が流れ、一度も開けてないとのことで、開けないということは、いらない。ということで片付けてほしいとのことでした。

 

その中でも着物の生地、鏡台は使われるとのことでしたので、確認しながらの作業でした。
お客様も立会いのもと作業させていただくと、お客様の必要とするものがどんどん増えていきます。
当初の予定では鏡台と着物の生地。
それが気付けばダンボールが5箱、6箱。
お客様もダンボールを開ければ開けるほど悩んでいるようでした。

 

当社ではそんな悩む時間を大切にいたします。

 

ただ搬出作業をするのではなく、お客様に決めていただく。
よく聞く、片付け業者に頼んだらなんもかんも捨てられた。
このようなことがないように。

 

まだご自宅を片付けようか、どれを片付けて、どれを残しておこうかお悩みの方も是非一度お声かけください。

 

お客様とじっくりお話し、一緒に考え、作業させていただきます。

 

冒頭でもいいましたが、大掃除もかねて。
でも全然構いません!
一度ご相談ください。
家具1.2点からでもオッケーです。
お電話でお話だけでもお聞きできればと思います。

 

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/
フリーダイヤル
0120-960-877

 

 

株式会社 友心
中村 涼(なかむら りょう)

 

 

 

iPhoneから送信

 

2017年11月30日

【生前整理】年末大掃除に伴うお片付けでお悩みの方は株式会社友心 久留米支店Y’sReuseにお任せください!大幅に処分代の軽減に繋がるリユースのご提案をさせていただきます。

今年も早いもので、残すところあと1ヶ月で新しい年を迎えますね。

 

年末の大掃除は進んでますでしょうか?

 

多くの方々が年末の大掃除の機会に要らないモノを片付けしたいという思いはあってもお住まいの市町村(自治体)のルールに基づいて不要品の排出が困難な方々がほとんどだと思います。

 

ご自身で平日の16時までに処分場に直接持ち込みする事も、家庭系大型粗大ゴミの定期収集日にご自宅の前に出す事も、忙しい毎日の中で、時間がないから片付けが出来ないという方は弊社にお任せください。

 

Y’sReuse久留米支店
http://ys-reuse.com/

 

弊社では、片付け=処分ではなく、出来る限りリユースをすることを推奨させていただいております。

 

ご自身が処分と考えていた品でも、まだまだ使用可能でそれを必要としている方はたくさんいらっしゃいますので、「捨てる」ではなく、必要とされている方へ「繋ぐ」という視点で身の回りの整理を進めてみませんか?

 

【生前整理】
それは「捨てる」ではなく「繋ぐ」という意識に変えるだけでも多くの方々のお宅から弊社に集まってきた、さまざまな家財品が必要に応じて大切に再使用してくださる方々の元へ繋がり、とても感謝されております。

 

捨てるという選択をすれば、燃やしてCO2を排出させ、地球温暖化促進へと良くない結果にしか繋がりません。

 

家財整理に携わる立場だからこそ可能な社会貢献活動として、リユースによる循環型社会の形成を目指し、更なるリユース力の強化に取り組んで参ります。

 

年末の実家のお片付けなどの御用命はY’sReuse久留米支店で承ります。

 

Y’sReuse久留米支店
http://ys-reuse.com/

 

 

株式会社友心
Y’sReuse 支店長 舘林洋光

 

2017年11月27日

福岡県古賀市にて生前整理

本日より福岡県古賀市にて生前整理作業に入らせていただいております。

 

生前作業は遺品整理と違い、住んでいるご本人様がいらっしゃいます。
施設に入られたり、息子さん娘さん夫婦と一緒に住まれたり、様々なケースがあります。
その中で一緒のことが、次に住まわれる場所の方が狭くなる。ということです。
それにより、家財の削減を余儀なくされ
家財の廃棄につながっていきます。

 

そんな生前整理作業の現場で私たちが一番気をつけていることは、本人の意思を尊重することです。
使う、使わない。ではなく、本人が必要としているかどうかです。

 

私にも捨てられないプラスチック使い捨てのコップがあります。
特にサインが入っているわけでもなく、限定物でもありません。
誰に、いつ、どこで、どうやって、もらったものかは私にしかわかりません。
それも私が亡くなった時にはすぐにゴミとされてしまうおそれがある見た目のコップです。
しかし、それを生前に整理し、記録し、家族と話をすることで、残された遺族が大切に取り扱ってくれる遺品へと変わります。

 

これにより、今後遺品整理作業をする際に何を大切にしていたか、思い入れのあるものなのかがわかります。

 

それは残された遺族にとってもありがたいことであり、当然故人にとって一番幸せなことだと思います。

 

今回の作業では、娘様、お孫様にも立ち会っていただきました。
本人様、ご家族様がいらないといった家の奥の物も後日しっかりと確認していただくようになっております。
話はそれましたが、その物の中から一つでも多く家族の絆になるようなものがでてくるという思いを切らすことなく、明日も作業に入らせていただきます。

 

株式会社友心
中村 涼(なかむら りょう)

 

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/

 

 

iPhoneから送信

 

2017年11月20日

福岡市にて遺品整理の現場作業させていただきます。

福岡市中央区にて遺品整理の現場に入らせていただいております。

 

今回の現場では山口県美祢市から現場研修ということで、美祢環境クリーンの3名の方に現場参加していただきました。

 

有限会社美祢環境クリーンhttp://www.minekc.com/

 

遺品整理の現場では作業を教えるというよりは、思いを伝える。ことが多いような気がします。
どのように仕分けするか?は当然ですが、もし、自分が亡くなり遺品整理をされる側の立場になったらどのように扱われたいか?
どのようなものを遺族に見て欲しいか?ということを伝えさせていただきます。
当然遺族に見ていただいてもいらないと言われることも多々ありますが…

 

 

ただその中の一つ、二つは涙を流していただけるような遺品が残されているケースもたくさんあります。
私たちの自己満足のために再度見ていただくのではありません。
作業で残した遺品を再度見ていただくことで、今後のお墓に行く回数や、ご供養への向き合い方が変わってくると考え、あくまで、遺品整理とは亡くなられた故人様の為の作業だと考えているからです。

 

今回も当社の遺品整理の後、遺族の方々に再度遺品を見てもらい、数々の品をお持ち帰りしていただきました。
私達の作業により今後故人様への向き合う頻度が少しでも多くなっていただけると嬉しく思います。

 

株式会社 友心
中村 涼(なかむら りょう)

 

 

【対応エリア・サービス内容】 

 

福岡市(東区・博多区・中央区・西区・早良区・城南区・南区) 

 

筑紫地区(大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川町) 

 

久留米市(鳥飼・節原・国分町・御井町・合川・山川・上津荒木・高良内・山本・宮ノ陣・草野・筑邦・善導寺・田主丸町・北野町・城島町・三潴町) 

 

北九州市(門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉東区・八幡東区・八幡西区)を中心に隣接する福岡県内の市町村はもちろん、九州一円・山口県までの生前整理、遺品整理、空家整理、店舗整理、各種整理作業に伴うリユース品の買い取り、特殊清掃、オゾン発生機での3D除菌(消毒)・消臭作業、安否確認サービス「見まもっTELプラス」の商品導入、各地域での目的別講師派遣のご依頼は友心・まごころサービスにお任せ下さい。 

 

また、株式会社 友心では、まだまだ使用可能ですが、国内で再販には難しい処分予定の家財品一式を生活困窮者、ひとり親世帯、天災などによる被災地への寄付活動はもとより、平素より関係各社様から、ご紹介いただいております遺品整理、特殊清掃のご依頼1件につき2000円を福岡市社会福祉協議会が高齢者の生活支援・住み替えをサポートする事業「住まいサポートふくおか」への寄付、また、生前整理のご依頼1件につき売り上げの1%を福岡県赤い羽根共同募金ならびに春日市社会福祉協議会へ寄付させていただいております。 

 

株式会社 友心

 

友心PV

 

友心まごころサービスFacebookページ

 

一般社団法人 家財整理相談窓口

 

家財整理相談窓口Facebookページ

 

見まもっTELプラス

 

グラサン九州

 

朝日新聞デジタル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneから送信

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。