友心まごころブログ

2017年12月17日

2017年友心忘年会!

昨日は友心の忘年会を行い予定が合わず全員参加は叶いませんでしたが、懇親を深めることはもちろんですが今年の振り返りや来年に向けて一人一人が考える時間になりました。

 

弊社の成長は勿論ですが、私自身も今年は学びの一年になり、その学びの場を提供してくださいました方々、学びのために時間をくださいました上司やスタッフに感謝する年になり、本当に成長したと実感できる一年になりました。

 

しかし今年の始めに宣言した結果を残すことができておりませんので、まだ2週間あります最後まで結果を求めて努めてまいります。

 

また、先日別の忘年会で私が尊敬しております大先輩が「忘年会」ではなく望む年の会「望年会」です、と言われたときに気が引き締まる思いでした。

 

スタッフ一同今年中にもう一度今年一年を振り返り、来年自分がやるべき事を明確にし来年もしっかりと望む年にいたします。

 

皆様も今年残りわずかですが、まだまだ出来ることはたくさんあると思いますので、体調管理には十分注意して最後まで今年一年後悔のないように過ごしてもらえたら幸いです。

 

株式会社友心 舘林洋光(たてばやしひろみつ)

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

友心PV
https://youtu.be/_V_T8SIMTl8

 

友心まごころサービスFacebookページ
https://www.facebook.com/yushinmagokoroservice/

 

一般社団法人 家財整理相談窓口
http://www.kazaiseiri-soudan.org/

 

家財整理相談窓口Facebookページ
https://www.facebook.com/kazaiseiri.soudan/

 

見まもっTELプラス
http://www.kazaiseiri-soudan.org/mimamotte.html

 

グラサン九州
https://youtu.be/IYAqR2Utf4c

 

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK885470K88TIPE01S.html

 

 

2017年12月13日

佐世保にて生前整理作業に行ってきました。

今回の舞台は佐世保です。
1泊2日にて2件の生前整理作業に行ってきました。

 

年末ということもあり、大掃除も兼ねてということとあるでしょうが、今生前整理、家財整理のご依頼が非常に多いような気がします。

 

今回作業させていただきました1件のご自宅でのお話です。

 

ご依頼内容は以前引越しで地元佐世保に戻ってきて、今のご自宅に荷物の置き場が無かったため(それでも充分なほど広い戸建てです。)500mほどさきの賃貸に全て入れてもらったそうです。

 

それから2年の月日が流れ、一度も開けてないとのことで、開けないということは、いらない。ということで片付けてほしいとのことでした。

 

その中でも着物の生地、鏡台は使われるとのことでしたので、確認しながらの作業でした。
お客様も立会いのもと作業させていただくと、お客様の必要とするものがどんどん増えていきます。
当初の予定では鏡台と着物の生地。
それが気付けばダンボールが5箱、6箱。
お客様もダンボールを開ければ開けるほど悩んでいるようでした。

 

当社ではそんな悩む時間を大切にいたします。

 

ただ搬出作業をするのではなく、お客様に決めていただく。
よく聞く、片付け業者に頼んだらなんもかんも捨てられた。
このようなことがないように。

 

まだご自宅を片付けようか、どれを片付けて、どれを残しておこうかお悩みの方も是非一度お声かけください。

 

お客様とじっくりお話し、一緒に考え、作業させていただきます。

 

冒頭でもいいましたが、大掃除もかねて。
でも全然構いません!
一度ご相談ください。
家具1.2点からでもオッケーです。
お電話でお話だけでもお聞きできればと思います。

 

 

株式会社 友心
http://yushin-magokoro.com/
フリーダイヤル
0120-960-877

 

 

株式会社 友心
中村 涼(なかむら りょう)

 

 

 

iPhoneから送信

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。