友心まごころブログ

2018年12月10日

城南区で遺品整理

本日城南区で故人様のご親族様と一緒に遺品整理を行いました。

ご親族様と一緒に作業をすることは大変勉強になります。

故人様との想い出が詰まったものを整理するわけですから、「これどうしよう」「どうしたらいいと思う?」「これは捨てれない」等、確かに片付け作業が進まないことが多々あります。しかし、ご親族様がどういったものにどのような想い出があるのか、どういったものを捨てられないでいるのかを知ることができます。これは今後の仕分け作業のときに故人様・ご親族様の想いを汲み取ることに繋がります。

まだまだ城南区の現場は続くので、自分の作業も大事ですが、ご親族様が整理するときの何気ない声にも耳を傾け、今後の自分の向上に繋げたいと思います。



株式会社 友心

德永達也



友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE

http://ys-reuse.com/

http://yushin-magokoro.com/blog/1394

 

2018年12月07日

第一回合同キックオフ大会

昨日、弊社、コンサルティング会社と車・板金塗装会社の三社で、キックオフ大会たる決起集会を開催しました。

 

各会社の代表者が、今年一年の振り返りとそれを受けての来年度の目標を各々の視点から発表してくださいました。

普段異業種の方々との交流をしていない自分にとっては、その職業ならではの視点、考え方や思いなどを聞くことができ、大変有意義な会となりました。今後も定期的に開催するということなので、ただ発表することに終わらず、それぞれの視点・考え方を自分の行動にも落とし込み、またこちらの発表も他社への刺激となるようなものにし、切磋琢磨していきたいと思います!

個人的な今年の振り返りとしては、遺品整理・特殊清掃という聞き慣れない職業に興味を持ち、社長の言う命の大切さや想いで整理するという考え方に感銘を受け、この仕事をしたいと思いました。ただ初めての光景や作業内容について行くのがやっとで勉強の年でした。

ご遺族様の想い、故人様の遺された想い、それを繋ぎたい友心の想い、と遺品整理は奥が深いです。これらの想いを汲み取ることは一朝一夕に出来ることではないですが、来年こそは自分が現場を主導し、お客様により良いサービスを提供できるよう常に意識を高く持ち頑張っていきたいと思います。



株式会社 友心

德永達也



友心・まごころサービス

 

2018年12月03日

用心には網を張れ

先日遺品整理を行った際、見積り時にお客様に伺った内容と実際の現場での状況に誤りがあり、不必要な作業を行ってしまうという事がありました。

遺品整理という業種の性質上、ご契約者であるお客様が片付けの対象となる物や物件を直前まで使用又は居住されていたという事は少ないので、作業に入る前にはあらゆる場面を想定して確認しておくことが大事です。

確認作業はどの職業にとっても大事ですが、その確認の程度が本当に必要十分なものであったか否かを検証する作業は怠りがちなのではないかと思います。

今回の出来事においても、確認作業は確かに行ったけれども、その程度が十分ではなかったことが原因で起こりました。

今後はその点の反省も含め意識を高く持ちお客様に満足していただけるよう努力していきます。

 

 

株式会社 友心

德永達也

 

友心・まごころサービス

 

 

2018年11月07日

心で整理

先日遺品整理業務委任で成約を頂いたお客様の声に以下のようなものがありました。

 

あなた方のやってきた事、あなた方の遺品整理業務の内容・進め方・そこに向かう姿勢等を聞いて、他の業者より値段は高いけれども、ぜひお願いしたい。あなた方なら最後までしっかりやってくれそうだ、と。

 

お客様のこの言葉を聞き、私は社長の言葉を思い出しました。遺品整理を行うにあたり確かに仕分け技術や効率性は大事、その中でも一番大切にしなければならないものは何か。それは心で整理することだ、と。
その遺品が自分のものだったらどのように扱ってもらいたいか、遺された親族にどのように伝えて欲しいか。これは遺品整理に必要な他の知識・技術の土台であり、遺品整理を行うにあたり心に刻んでおかなければならないことです。

 

上記のことを全スタッフ内でもシェアし、自分自身を鼓舞することを含め、友心スタッフ一同、常に企業理念を判断の基準に置き、お客様へのより良いサービスの提供に繋げて参ります。

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

 

友心・まごころサービス

 

2018年10月31日

ハロウィン!

本日はハロウィンですね!

 

皆様の仮装楽しみにしております。笑

 

普段はなかなか忙しく話す時間がない方も、このようなイベントの日には皆様の仮装した写真やお子様の写真を日頃離れて暮らす家族の方へ送ると言うのはどうですか?

 

その一回のやり取りが離れて暮らすご家族様にはかけがえのない時間になると思います。

 

イベントで友達とはじける事も良いことですが、こんな日こそ皆様の大切な方へ日頃言えない感謝の気持ちを伝えてもらえたら幸いです。

 

伝えない結果最悪のケースも考えられます。

 

先日管理会社様より孤立死のご依頼があり、警察の方より事件性と本人確認後連絡があるとのことですが、腐敗が進み本人確認に時間がかかるそうです。

 

清掃する私たちとしては放置する期間が長くなれば長くなるほど現場は悪くなりお客様に負担を掛けてしまいますので、余計な負担を掛けないように一日でも早く作業を行いたいところですが、これが今の現状です。

 

もちろん家族がそのようなことになってるとは想像できないと思いますが、連絡を取っていなかった期間が長かったばっかりにそのような状況になることがあることを常に皆様も考えてもらえると幸いです。

 

大切に思うからこそ、些細なことでも良いので普段から連絡を取る習慣や、日頃からできない方も今回のハロウィンのようなイベントの力を借りて連絡をとってもらえると幸いです。

 

まだまだ年末に向けてたくさんイベントが有りますのでその度にご家族様へのメッセージ期待しております。

 

株式会社 友心
舘林洋光

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。