2018年10月09日

禍を転じて福と為す

過ぎ去った過去は変えられない事実。

 

自分にとって否定的と捉えらえてしまうような出来事が予期せず起こるのが人生です。

 

自身が起こした出来事を過去は変えられないから仕方ないと片付ける訳ではないのですが、災難とは予期せぬ形で訪れると改めて痛感しました。

 

本日、肉体労働をしているにも関わらず日頃のケアを怠っているせいか、片腕が上がらず思うように仕事ができませんでした。また、仕事が終わり事務所に帰る際、大丈夫だろうという少しの気の緩みにより事故を起こしてしまいました。人様を傷つけることがなかったのが幸いでした。

 

ただ、冒頭で災難は予期せぬものと言いましたが、こうやって自分の行動を振り返ると必然であったと反省しているところです。災難は必然と思い、日頃から怠慢を無くし何事にも全力で適正な行動を取る事が大事だと改めて感じました。

 

私が日頃携わる遺品整理業・特殊清掃業においても、仕分け・梱包・搬出等が技術的・経験値で図る事務的な業務となってたのではないかと日頃自身が取り組む姿勢を振り返り、改めて大切にしなければならないこの職業に対しての本質に向き合う良い機会となりました事に感謝し、明日からの1日の全ての出来事において全力で取り組んでいきたいと思います。

 

株式会社友心
徳永達也