友心まごころブログ

2018年12月29日

年末のお片づけ・大掃除はお済ですか?不要品は捨てずにエコでお得なリユースをおすすめします!

年末のお片付けはお済みでしょうか?

 

一般家庭、オフィスの大掃除中、まだまだ使えるけれども、ご不要となりましたリユース可能な品々…行き先は処分場ではありません❗️

 

僕らのメイン事業である遺品整理の現場で手にする数々の遺品を通して感じる故人の「想い」を、最初の「必要なものは全て取りましたので、あとのものは全て捨ててください」というご依頼に従い、廃棄物扱いしてしまえば、身内ではない赤の他人の我々業者の手に触れるのを最後に、その方のこれまでの人生全ての「想い出」がそこで終わってしまうような気がしてならないという気持ちをどうにかしたいという事からお客様(ご遺族様)へのリユースの提案で始まったリユース事業。

 

作り手の「想い」、これまでご使用になられてきた皆様の「想い」、物に宿るさまざまな『想い』を私共は大切にしたい…

 

まだまだ使える品々を要らなくなったから「捨てる」選択をするのではなく、リユース品として必要な方へ「繋ぐ」選択に変える事で、とても喜ばれて大切に使われる上、更にはCO2削減で地球温暖化促進を抑制する事となります。

 

捨てたらダメですよー‼️

 

エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/
0942554455

 

 

【エコでお得なリユース生活始めませんか?】

 

久留米市環境部資源循環推進課
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

↑ページの評価にご協力くださいm(_ _)m

 

 

#福岡県 #久留米市 #環境部 #資源循環推進課 #エコ #循環型社会 #CO2削減 #リユース #大掃除 #片付け #エコステーション #ワイズリユース #友心まごころサービス

 

 

2018年12月18日

佐賀県伊万里市の神社にお参りに行ってきました!

休日に佐賀県伊万里市にあります岩橋社長のご先祖様が祀られている五社大明神社に一緒に手を合わせてきました。


 

皆さん、御墓参り等先祖に手を合わせる意味を知っていますか?

仏教においては、故人には戒名が授けられ、この戒名とはお坊さんの僧名と同じで、故人は死後の世界で僧侶となり修行をしていると言われています(諸説あり)。

何故修行をしているかというと、それは子孫の願いを叶える為と言われています。そして、その修行の手助けとなるのが御墓参り等であります。子孫が手を合わせ線香をあげることが修行の手助けとなるのです。

今の自分が元気であること、幸せであることは先祖がいてこその事だと思い、死後の世界で修行をされている先祖に負けぬよう自分も日々頑張って行かなければならないと思いました!

御墓参りは先祖を応援すること、ひいては自分の願いを叶える事にも繋がります。ぜひ、皆さん、年末年始と年が変わるこの機会に一度ご先祖様に手を合わせに行かれてはと思います。

余談ですが、社長がお参りをしようと思い立ったのは前日のことらしく、忙しいスケジュールの中、片道2時間弱かかる場所に行っているこの思い立ったら即行動に移す行為は中々真似できない‥‥いや、大事だけれども急ぎではないからといって先延ばしにせず即行動する社長の考えを実行していきたいと思います!

 

 

株式会社 友心

德永達也

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE

http://ys-reuse.com/

2018年12月16日

友心忘年会 久留米にて開催!

昨日は友心の忘年会を行いました。

 

去年の今頃は今どうなってるのかを想像し目標をたて、その目標に向かってこの一年間行動してきましたが、目的・目標を明確に計画出来ていなかったために振返りとしましては中途半端な一年間になりました。

 

まだまだ私自身も成長することが友心にとってもスタッフにとっても必要だと考えておりますので、今年のうちにさらに振返りと来年の目的・目標を明確にし、来年のミーティングではしっかりと計画したことをシェアしていきます。

 

今年もあとわずかですが最後まで後悔のないよう意味のある昨日の自分より今日の自分が成長している一日に出来るよう努めて行きます。

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com
エコステーション久留米 Y’s REUSE
http://ys-reuse.com

 

株式会社 友心
舘林 洋光(たてばやしひろみつ)

 

 

2018年12月10日

城南区で遺品整理

本日城南区で故人様のご親族様と一緒に遺品整理を行いました。

ご親族様と一緒に作業をすることは大変勉強になります。

故人様との想い出が詰まったものを整理するわけですから、「これどうしよう」「どうしたらいいと思う?」「これは捨てれない」等、確かに片付け作業が進まないことが多々あります。しかし、ご親族様がどういったものにどのような想い出があるのか、どういったものを捨てられないでいるのかを知ることができます。これは今後の仕分け作業のときに故人様・ご親族様の想いを汲み取ることに繋がります。

まだまだ城南区の現場は続くので、自分の作業も大事ですが、ご親族様が整理するときの何気ない声にも耳を傾け、今後の自分の向上に繋げたいと思います。



株式会社 友心

德永達也



友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE

http://ys-reuse.com/

http://yushin-magokoro.com/blog/1394

 

2018年12月07日

第一回合同キックオフ大会

昨日、弊社、コンサルティング会社と車・板金塗装会社の三社で、キックオフ大会たる決起集会を開催しました。

 

各会社の代表者が、今年一年の振り返りとそれを受けての来年度の目標を各々の視点から発表してくださいました。

普段異業種の方々との交流をしていない自分にとっては、その職業ならではの視点、考え方や思いなどを聞くことができ、大変有意義な会となりました。今後も定期的に開催するということなので、ただ発表することに終わらず、それぞれの視点・考え方を自分の行動にも落とし込み、またこちらの発表も他社への刺激となるようなものにし、切磋琢磨していきたいと思います!

個人的な今年の振り返りとしては、遺品整理・特殊清掃という聞き慣れない職業に興味を持ち、社長の言う命の大切さや想いで整理するという考え方に感銘を受け、この仕事をしたいと思いました。ただ初めての光景や作業内容について行くのがやっとで勉強の年でした。

ご遺族様の想い、故人様の遺された想い、それを繋ぎたい友心の想い、と遺品整理は奥が深いです。これらの想いを汲み取ることは一朝一夕に出来ることではないですが、来年こそは自分が現場を主導し、お客様により良いサービスを提供できるよう常に意識を高く持ち頑張っていきたいと思います。



株式会社 友心

德永達也



友心・まごころサービス

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。