友心まごころブログ

2019年02月16日

人の繋がりの大切さ

私事ですが先日甥っ子が誕生しました(*´∀`)♪
産まれてきてくれるまで色々あり心配事が多かったですが、無事に誕生し安心しました。
家族のグループラインで写真や動画を送ってくれて、その写真や動画を見るだけで癒されます(^^)

 

近年、核家族化や少子高齢化、近隣の方々との関係の希薄による孤立死問題が急増しており、それに比例して弊社への特殊清掃依頼件数も増えており、テレビや雑誌に度々取り上げられるほど深刻な問題となっておりますが、先日ご近所の方に「2月が予定やったよね?もう産まれた?楽しみやね〜」と家族の事を気に掛けて心配して声を掛けていただいたりして、そんな些細なお心遣いがとても嬉しく、近隣の方々に感謝致しました。

 

誰もが産まれた頃はたくさんの愛情をもらって大事に育てられてきたはずですが、現代の夫婦共働き世帯数の増加や、携帯電話等の普及等が原因で年頃になるにつれて段々と親子間で会話が少なくなり、そのまま社会人となり、自分の親に対する想いや家族関係も希薄化している傾向となってきておりますので、近隣の方々を気にかける想いは更に薄いかと思います。

 

しかし自分の家族はもちろんのこと、近隣の方に対するほんの少しの気遣いや気に掛ける想いを持つ事により孤立死が減っていくのではないかと感じましたので、私も自身の家族はもとより、周りへの気配りを心掛けていきますが、遺品整理現場で全スタッフそれぞれが感じた経験を社内で共有し、代表の岩橋の講演活動や、このブログを活用して人と人との繋がりの希薄さの改善に努めていきたいと思います。

 

 

株式会社 友心 丸林
友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/

 

 

久留米市資源循環推進課リユースショップ連携事業
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

 

2019年02月17日

福岡遺品整理・特殊清掃の友心まごころサービス in京都(関西)第二弾!

福岡(九州・山口)を中心に遺品整理を行っております友心ですが、明日より京都府での遺品整理を行うために本日より前乗りで移動してきました。

 

前回はお客様が探されていた物を見つけることができ、大変感謝してもらうことができましたので最後まで「友心に頼んで良かったと」感じてもらえるようしっかりと想いを大切にする整理を心がけます。

 

また、私事ですが前回は叶いませんでしたが京都での思い出で中学生の頃に食べたオムライスがとても印象に残っておりますので、明日にでも系列店ですが行きたいと思っております。

 

この様な小さな想い出の一つですが、遺品整理を行う際も故人様とお客様との想い出を整理中に感じた事を伝えることで今後の墓前への手の合わせ方も変わってくると思いますので小さなことでも見逃さない遺品整理を心がけます。

 

一点一点確認での仕分作業になりますので金額的には高くなりますが、中村を中心にリユースにも力を入れておりますのでもっとお客様に費用面でもご要望に近づける様に努めて行きます。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
舘林 洋光(タテバヤシ ヒロミツ)

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/

 

 

2019年02月19日

孤立死(特殊)現場で思うこと…

孤立死現場の特殊清掃作業を行っている時にいつも思うことがあります。

 

亡くなった方は最後に何を想いながら亡くなったんだろう?

 

誰もが死の直前に晩御飯のメニューや欲しい物の事を考える人なんて居ないと思います。

 

じゃあ何なんだろう?
これは僕の考えですけど、人間が人生の最後に思い浮かべる事は、「人」なんではないでしょうか。

 

家族だったり、友人の事を想いながら…。

 

ですが…誰からも看取られず、気づかれずに部屋でひっそりと亡くなった方は、何も伝えることが出来ません。

 

それどころか、唯一の家族に

 

「最後に迷惑をかけられた。」

 

「臭いし汚いから何もいらない。」

 

異臭放つ部屋を体液をつけたハエが飛び回り、視線を落とせば蛆やサナギだらけ。

 

全て処分です。

 

しかし、我々業者は整理する中で触れる遺品から故人様の想いを感じとり、それをご遺族様へ伝えることが出来ます。

 

赤の他人が伝える故人の想い。
それは間違った想いかもしれません。

 

しかし、中には涙を流し喜んでくださる方もいます。

 

【「想いを大切に」故人の想いと遺された側の想いを繋ぐ架け橋であれ】

 

今後もこの理念を基に、薄れてしまった大切な家族の絆を再度繋げるため、心で整理をしていきたいと思います。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社 友心
松平 翔太(まつひら しょうた)

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/

 

久留米市資源循環推進課リユースショップ連携事業
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

2019年02月19日

家族との時間(絆)を大切に

平素より友心まごころブログをご覧いただき心より感謝申し上げます。

 

先日の16日(土)、17日(日)
城島酒蔵びらきが開催されました。

 

「城島の酒」の8つの酒蔵が協賛し実施される九州最大の早春酒蔵びらきが「城島酒蔵びらき」です。

 

シャトルバスに乗りその蔵に行かなければ飲めないお酒や独自の雰囲気など、酒蔵めぐりを堪能したり、
メイン会場、城島町の「町民の森」では、毎年行列のできる「城島の酒 飲みくらべ」や、「角打ち」など、城島・三潴・大善寺にある8蔵の日本酒を楽しむことができます。

 

屋台もたくさん出ているので、お酒の飲めない子供も楽しめます。

 

お酒好きの方は楽しいので是非是非また来年にでも行ってみて下さい。

 

残念ながら今年は行くことを断念しましたが、
久しぶりに娘と二人、ゆっくりした時間を過ごしリフレッシュできました。

 

弊社は遺品整理をメイン事業としておりますので、娘と関われる時間を大切にして、更には、出来るだけ時間を作って私の親も大事にしている姿を見せていく事で将来の家族の絆を今のうちから深めていくようにしていきたいと思います。

 

今週もしっかり頑張りたいと思いますので良かったら次回のブログもまたご覧いただければ幸いです。

 

 

 

株式会社友心 古賀
 
友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/
 
 
久留米市資源循環推進課リユースショップ連携事業
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

 

 

2019年02月20日

一歩前進

本日は福岡市より公募がでております、家庭ゴミの臨時収集の件について一言。

 

今回の公募内容は、遺品整理業及び引越業を対象に,自らが請け負った遺品整理や引越時に発生する家庭系ごみの収集運搬に限定した許可の取得を希望する事業者を募集しますとのことです。

 

以前より、代表の岩橋と福岡市の環境局へ話をしに行ったこともあり、遺品整理の現状等話してきました。
当然同時進行で別の市区町村にもお伺いさせていただき話をしております。

 

遺品整理において、お客様の家庭ゴミを出す日程が平日になってしまう。
特殊現場において、汚染物の撤去に有する時間がのびてしまう。
かといって遺品整理業者が家庭からゴミを持ち出すことは法により禁止されている。

 

ゴミの処分に関する問題は山積みでした。

 

そのような問題点に関して、代表岩橋は各市町村の担当に何度も話をし、理解を得てきました。
それがようやく形として現れてきました。

 

単に自慢話をしたいわけではなく、本題はこの後です。

 

業界関係者の方必ずお読みください。

 

特に福岡市で遺品整理をされている方、始めようと思っている方、またリユースショップ等で遺品整理をしようと動き出そうとされている方

 

一つだけご注意を!

 

ここは私の個人的な考えですが、この資格に関しては、団体、協会、組合等に所属したからと言って認可してもらえるものでは無いと思います。
また優遇されることもないと思います。

 

一部誤解を与えるような記事も目にしました。

 

今までの取り組み。
これからの取り組み。
またコンプライアンスに対する意識。
そういった部分が重要ではないかと思います。

 

 

さらに現在、代表岩橋とともに出向き福岡県内の別の市区町村にて同様の話が進んでいるところもあります。
(進展があれば、ご報告させていただきます^_^)

 

しっかりと業界全体の問題が改善されるよう動いています。

 

あくまでお客様、物件保有のオーナー様の負担を軽減することが目的です。

 

この限定許可により、市町村によっては今までできなかった土日の収集や長期休暇中の収集が可能になり、一般廃棄物の回収が遅れることにより、特殊清掃の対応が遅れる、物件が痛むといった二次災害を防いでいけます。
来年からはゴールデンウィークにも収集の対応が可能なケースがでてきます。

 

依頼者にとっては助かりますね。

 

なぜこのような公募がでたのか
どういう現状があるのか
どういう目的で発信されたのか

 

ここが伝えれないと許可を有しても無意味だと思います。

 

それが今日の一番伝えたかったことです。

 

私ごとですが、実は今日のブログはキングコングの西野さんの新刊『新世界』を紹介しようと思っていたのですが、また次回にさせていただきます(^^)
今後も友心のブログにお付き合いよろしくお願い致します。

 

株式会社友心 中村

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/

 

久留米市資源循環推進課リユースショップ連携事業
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

 

 

 

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。