2019年03月02日

植物への愛着 DREAMS COME TRUEの曲

先日、遺品整理のご依頼の際、庭の樹木の伐採もご依頼を頂きました。不動産業者に売却する為、玄関周りと裏庭の樹木を撤去して欲しいとの事でした。

 

家を建てた時に植樹したのか、立派な柿の木が裏庭に有りました。何年もの時をご主人と共に過ごしてきた柿の木だったのでしょう、凛と佇んでいました。

 

思い出の柿の木を伐採してしまう後ろめたさと、少しの寂しさを感じながら、弊社の調子の悪いチェーンソーと手鋸を駆使してなんとか伐採する事が出来ました。

 

植物にも家財道具にも、ご主人の思い出があり、歴史があるのだろうと感じながらの作業でした。

 

私の自宅にも2000年に購入し、19年間共に過ごしてきたアンスリュームが元気に咲いております。小さな鉢の中で精一杯花を咲かせていて、今では愛おしい存在になっています。

 

DREAMS COME TRUEの「DA DIDDLY DEET DEE」の曲にもあるように、夕暮れ時にはハートの影を床に咲かせてくれます(^ ^)

 

長く時間を共に過ごしてきた植物や家財道具などは、愛着がわいてきますよね。
簡単に処分出来ない物は絶対にあると思います。
ただ、特に思い出もない、何十年も使ってない、そんなものが押入れの奥にあるならば、少しずつ片付ける事は大切な事だと思っています。

 

株式会社友心
本多

 

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

エコステーション久留米Y’sREUSE
http://ys-reuse.com/