友心まごころブログ

2019年04月21日

現代社会において本当に必要な地域包括ケアの実現とは

誰からも看取られず自宅で亡くなられて数日~数ヶ月後に異臭で近隣の方が異変に気付き、警察に通報することで発見される孤立死(孤独死)

 

先日、1年程経過した孤立死現場からの特殊清掃のご依頼をいただきました。

 

「要支援1」「要支援2」と認定された方は、介護保険の介護予防サービスを利用することができます。
ヘルパーさんなどの人の手を借りて日常生活をお過ごしの方は孤立死で発見されるというような事はほぼ無いと言えますが、要支援、要介護認定を受けてない元気な単身高齢者や、50代でまだ現役にも関わらず突然名刺を失った男性は家族が離散し、鬱状態となり、日常的に誰かと関わる機会がなくなり、 最も孤立死に近いといえる存在になりうるのです。

 

社会から孤立し、表に出て来なくなった単身者世帯を如何にして見守り、安否確認をしていくのか?という事が今一番社会で必要な大きな課題であり、また、緊急時対応策としては、我々民間の専門業者と行政関連機関が手を取り合わなければならない時代が確実にきているのですが、これまでの行政機関が特定業者を紹介する事はNGというルールを守らなければならないという体制が、孤立死からかなり時間が経過して発見されたにも関わらず、専門業者を探す上で、「特殊清掃」というキーワードも知らずに、頼り処がないご遺族を困らせてる原因であるのと同時に、ただでさえ凄惨化した現場を更に悪化させる要因になっている事は否めない事実です。

 

2025年を目前にして、これまで国を支えてきた団塊の世代が介護・医療費などの社会保障費の給付を受ける側に回るため、医療費、社会保障やその他の課題にどう取り組んでいくかが大きな問題であると指摘されていますが、その一歩先にある深刻な問題…その世代の方々がいずれ独居老人世帯となることは明白で、現実的に支える側の手が手薄となっている時代に必要な課題解決策を今のうちから、真剣にかつ具体的に考えていく必要があるのではないでしょうか。

 

 

株式会社友心
代表取締役 岩橋ひろし

 

 

2019年04月22日

家具、事務用品リユース・リサイクル

先日解体が決まっていた病院より、リユース品を引き上げてきました。

 

スチールラック・チェスト・装飾品・ロッカー・小物類etc、とリユースできるものが沢山ありました!

 

建築物解体前の中の残置物処理にはお困りの方々も沢山いらっしゃると思いますが、このようにリユースすることによってその負担を少しでも減らすお手伝いをさせていただきます!

 

その他にも、引っ越しによる家財、家電の処分・会社事務所移転に伴う事務用品の処分など、お困りの際はお問い合わせください!

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE

http://ys-reuse.com/

 

2019年04月22日

断捨離を考える

断捨離!

 

先週金曜日病院で検査の為お休み頂きましたが、今回の検査は終わり次第先生から次の日運転NG、歩きNGと言われ土曜の予定取り消し、急にじっと家にいるだけになり…何しよう…そうだ家の片付けをしたかったから良い機会だ!片付けならそれほど歩くわけじゃないから…たぶん大丈夫!と自分に言い聞かせ片付けを行いました笑

 

断捨離で検索すると色んな方のブログや断捨離方法が出てきて、何から手をつけていいのか…
とりあえず何を片づけたいのか?最終的にどうなっていたいのか?とゴールを決めて始めました。
まず洋服から手をつけていき、以前だと捨てるしか頭になかった私ですが、この仕事に就き捨てるではなく、なるべくリユース、リサイクルに!と考えるようになりました。
現在フリマアプリやリサイクルショップ、古紙・古着回収ボックス、ワイズリユース等々…選択肢はたくさんある世の中です。
選択肢が沢山あるからこそ自分で考え、より良い方法で次に繋げる事をしっかりと行いたいと思います。

 

断捨離したいなと思っていたものの、なかなか時間が取れずにいたので、いい機会になりました(^^)
しかし結局1日では足りず…
徐々に…なんとか…コツコツマイペースで進めたいと思います笑
ついでに病気も断捨離できたら!と心から思う私でしたヽ(;▽;)

 

 

P.S
GW前に断捨離をお考えの方は捨てる前にまだ使用可能か否かを判断してください。もしかしたら必要としてる方がいるかも…という意識ひとつで地球環境保全という社会貢献の一助となりますので、先ずはワイズリユースにご相談を😊

 

株式会社 友心 丸林

 

 

 

2019年04月12日

平成~令和の節目 次男の高校入学式

【平成31年4月9日】

 

私事ですが、次男坊の高校入学式に出席してきました。

 

長男、長女から3度目でこれが最後となる次男の高校入学となりますが、子どもの成長は本当に早くあっという間に高校生になりました。

 

2014年に母親を亡くした時、息子はまだ小学生でした。
まだまだ母親という存在が必要だった彼にとってのこの4年半はどんな心境で日々を過ごしてきただろうか…

 

世の中にはさまざまな理由でひとり親世帯となった家庭があると思いますが、大変なのは親だけではなく、他の家庭との比較に我慢し続けてきた子どもの気持ちが必ず存在します。

 

株式会社友心の岩橋ひろしとして、時には家財整理相談窓口の理事として、遺品整理を中心に業界の健全化や人と人との繋がりの希薄さの改善を目的とした講演活動等々…息子に立派な背中を見てもらえるようにと常日頃より何事にも全力で頑張っておりますが、その反面忙しくて息子とすれ違いの毎日が続く事も多々ありました。
僕は父親として母親がいなくても出来る限り不自由なく、寂しい思いはさせまいと毎日必ずコミュニケーションをとるようにして僕なりに最善の関わりをしてきたつもりですが、母親にしか相談出来ない事だってあっただろうし、1人で家で晩御飯を食べる日常が当たり前となり、嫌でも自立しなきゃいけない事が増えた事で、口に出して言わずに我慢してきた事がたくさんあったと思います。

 

私生活面ではあまり口を出さずに自由にさせてきた分、中学生時代は何度も担任の先生に注意をされてきましたが、そんな次男坊が立派に成長して高校入学を迎えた姿を亡き妻も喜んでいる事と思います。

 

2022年4月には、彼は20歳を迎える前に成人となりますので、新たなる「令和」という時代から始まるこの3年間の高校生活が息子にとって一番良い思い出となるよう、父親として息子との関係を深める最後のチャンスと思い、精一杯全力で父親業も全うしたいと思います。

 

 

株式会社友心
代表取締役 岩橋ひろし

 

 

2019年04月14日

令和 太宰府創生協議会

平成の時代も残りあとわずか、安倍首相が「人々が美しく心を寄せ合い、その中で文化が生まれ育つ」と話した令和の時代がもうすぐ訪れますね。
この令和の典拠は、約1300年前に太宰府の地で行われた「梅花の宴」を記した、『万葉集』「梅花の歌」32首の序文にあるそうです。

 

弊社では、そんな令和にゆかりのある太宰府において、地域の活性化を目指している太宰府創生協議会に参加させていただいております。
この協議会では、地域の高齢者・障がい者・働きに出られない主婦などを対象に、空き家を利用した交流の場を設けそこでの小物づくりをサポートしています。この小物づくりにやりがいを感じられ、さらに皆様へその対価として収入を提供できるよう日々尽力しているところです。
また小物づくりは手先を器用に扱うので高齢者の認知症予防にもつながると期待しております。

 

遺品整理をしていると目の当たりにする人と人とのつながりの希薄さ、その問題を解決するために行政に働きかけをするに限らず、民間でも様々な取り組みを行っていきたいと思っております。
全ての方々が安心・安全に暮らせる世の中になる事を願い、日々考えを凝らしていきます。

 

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

 

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE

http://ys-reuse.com/

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。