友心まごころブログ

2019年05月06日

ゴールデンウィーク最終日

ゴールデンウィーク最終日となりましたが、皆様10日間いかがお過ごしでしたでしょうか?

当社も5月1日から5月3日まで大盛況でした令和買取キャンペーンも無事に終わり、私も4日、5日かと休暇をいただいてきました(^^)

2日間の休暇は、子供達の要望に順番に答えるていくこととなったのですが…
バッティングセンター(長男)⇨ボーリング(長男)⇨遊園地(長女、次男)⇨公園(次男、次女)(^^;)

弟の子供も含め総勢10名、子供5人を連れて…笑

久々にゆっくりと家族の時間を過ごさせていただき、感謝です。

私が少し成長を見逃していたのか…
4才の娘はいつからこんなお世話好きになったのか…(^^)
弟2人を引き連れお姉ちゃん全開で突き進んでおりました。

最後は自分の要望に長男を付き合わせて温泉に行きリフレッシュ…♨️
ちょっとの間に体重5キロほど増え、丸々なってました…(T-T)

この2日間子供とゆっくり過ごすことができ、改めて自分が何をするべきか、どう行動すべきか、何のために行動すべきか感じることができました。

明日からお仕事の方も、ゴールデンウィーク連休の方も、明日から朝の交通量が通常に戻ります。
くれぐれも急ぐことがないよう、時間にゆとりをもってハンドルを握ってください(^^)

株式会社 友心
中村

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

 

「久留米市推奨リユースショップ」
エコステーション久留米Y’sREUSE

 

久留米市資源循環推進課リユースショップ連携事業

 



image2.jpeg

image3.jpeg

 

2019年05月07日

信頼して頂ける会社を目指して!

皆さん今晩は。

 

 

弊社では、リユース力を高める為に様々な取り組みを行なっております。最近のブログでもリユースについて発信する事が増えて来ていますが、これからも新しいアイデアや取り組みを発信して行こうと思っていますので、ブログのチェックをよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

と言いながら、今日は遺品整理のお話を少ししたいと思いますので最後までお付き合い頂けたら幸いです。

 

遺品整理をしていると、現金を見つけることが多々あります。日本のタンス預金額は、40兆円くらい有るそうなので、日本の人口1億2千万人で割ると、1人あたり33万円のタンス預金が有る計算になります…。

 

遺品整理の作業をしていて現金が見つかる事は当たり前なのかもしれません。

 

私は、遺品整理という仕事を始めて約7年経ちますが、1円も見つからなかったお家は10件も有りません。99%現金が見つかります!
もちろん金額は様々で、10円見つかるお家もあれば数百万円見つかるお家も有ります。

 

では、その見つかった現金は誰のものでしょう?

 

遺品整理の場合は、相続の問題があるので一概に誰のお金とは言えませんが、少なくとも作業中に見つけた我々業者のお金では有りません。ご遺族様にお返しするのは当たり前の話です。

 

ところが、あったはずのお金が無くなったとか、大事な形見分け品を捨てられたという遺品整理でのトラブルをニュースや新聞で目にする事が増えてきた様に感じます。

 

でも、本当に怖いのは、お金があった(隠していた)事さえ知らないご遺族が、知らないまま取られていたり、知らないまま捨てられていたりする事です。

 

もちろん、この様な業者はごく一部でほとんどの遺品整理業者はしっかりと仕分けをし、心のこもった仕事をしていると思います。しかし、一生に何度も無い、大切な人の遺品整理を業者に依頼するなら、絶対に避けたいですよね。

 

もし、遺品整理を業者に依頼する様な事があったら、少なくても2社以上に見積もりをしてもらう事が大切だと思います。何社も見積もりをしてもらう時間がない場合は、同時に見積もりをしてもらうのも良いと思います。

 

見積もりの時に、どの様な遺品整理をするのか、どの様なサービスがあるのかを詳しく聞いたり、態度や言葉使いを細かくチェックするのも良いと思います。
しかし、大切な方を亡くしてしまった後の遺品整理です。悲しみの中で判断するのは大変な事だと思います。本当は、我々業者が気遣い、寄り添う事をしていかなくてはいけないと思います。

 

私もまだまだ未熟なところが多々ありますが、信頼して頂ける人間になれる様に頑張りたいと思います。

 

写真は、遺品整理の作業をしている時に発見した旧札です。

 

 

株式会社 友心
本多

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

 

「久留米市推奨リユースショップ」
エコステーション久留米Y’sREUSE

 

久留米市資源循環推進課リユースショップ連携事業

 

image1.jpeg

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。