友心まごころブログ

2019年06月25日

目利きの鬼‼️

本日、業者オークションに来ています。

 

ここでは、いろんな業種の方達が様々な商品を持ち込みます。

 

「これ絶対売れる。」
「こんなの人生のどのタイミングで使うんだよ❗」

 

皆さん和気あいあい?で競りを行ってます。

 

どんな商品が高く売れるか?
商品知識を身に付けるにはもってこいの場所です。

 

ここで学んだ事を見積り時に活かして、お客様の満足度を高めていきたいと思います。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
松平 翔太(まつひら しょうた)

 

http://yushin-magokoro.com/blog/1585

 

2019年06月23日

身体が資本!

遺品整理の作業を行うにあたりまして基本的に身体が資本になります。

 

全ての方が平等に年をとり年齢と共に体力が低下していき、さらにこの時期は暑さにより体力が消耗しますので、暑さに負けない身体作りを目的で運動をするように心掛けております。

 

私自身小学生の頃より野球を続けて、現在は3チームに所属しより多い機会で身体を動かしております。

 

しかしそれだけでも運動不足にはかわりありませんので、なかなか平日に運動する時間がありませんが、今後は体力づくりはもちろんの事健康のためにも平日に少しでも身体を動かす習慣を身につけていきたいと考えております。

 

3年前になりますが私も病気で一ヶ月ほど入院をした事がありますが、健康を損ねると仕事を休まざるおえないことにより、スタッフはもちろんお客様や家族にまで迷惑をかけてしまいますので、健康を一番に考えて日々過ごしてまいります。

 

皆様も今はまだ健康で大丈夫だと思われてるかもしれませんが、いつどこで病気や怪我で普段の生活ができなくなるかわかりませんのでしっかりとした事前対応も兼ねてご自身ができる事を一つずつ行ってもらえると幸いです。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
舘林 洋光(タテバヤシ ヒロミツ)

 

 

2019年06月22日

今年も田植えの季節!

今年に入り早くも半年が経とうとしております!月日が経つのはあっという間ですね^^;
梅雨入りの地域の方もいらっしゃるかと思いますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

九州北部では梅雨入りが観測史上最も遅くなっておりますが、
私の地元、朝倉では三連水車が稼働しており、稼働のニュースなどテレビで観ると「今年も田植えの時期がやってきたな〜」と感じます。

 

三連水車の里 朝倉
http://www.sanren-suisha.com/

 

毎年恒例で父の田植えの手伝いをしてますが、体力皆無な私は3.4日かけて行う田植えに毎年筋肉痛が避けられない状況となります(TT)

 

農家の高齢化や後継問題など以前からテレビなどで取り上げられておりますが他人事ではないなと感じます。

 

近年、核家族化や少子高齢化、近隣の方々との関係の希薄による孤立死問題が急増しており、自分の家族や自分には関係ないと思っていても、何時そのような事が起きるかは分からないものです。

 

九州北部豪雨の被害に遭った事もあり、何事も他人事とは感じずに、自分の家族に、また自分にいつ何が起きるか分かりませんので常日頃から様々な問題に対して考えるようにしておかなければと感じます。

 

来週半ばより梅雨に入ると予想されていますが前回同様局地的な豪雨も予想されておりますので私自身も事前対応をしっかりと行い何事にも慌てずに対応できるように心がけていきます。

 

株式会社 友心 丸林

 

 

2019年06月21日

大野城市 残置物撤去

先日、大野城市において、家屋解体前の中の残置物についてReuse(リユース、再使用)できるものを引き上げてきました。

 

ピアノ・洗濯機や冷蔵庫をはじめ、食器・生活雑貨・弦楽器・贈答品・小物類・古く使い込まれた工具・人形・インテリアとしての置物や小物etc…といったものを段ボールにして15箱分Reuseさせていただきます。

 

このようにまだまだ使えるものを再使用する、またはできる途を探し出すことによって、お客様の負担を軽減させ、さらには環境に配慮したエコな社会を実現させることができます。

 

家屋・ビルや事務所の解体や改装するにあたり、中に残されたものを処分したいけれども、その費用は高額…
そのようなときは、弊社にご相談ください。費用をできる限り減らすお手伝いをさせていただきます。

 

今後も消費型社会から資源循環型社会へ向けて多方面から様々なアプローチをし、エコな社会の実現に尽力して参ります。

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE
http://ys-reuse.com/

 

2019年06月20日

賃貸住宅フェア2019in九州

今年も賃貸住宅フェアに参加してきました。

 

昨年同様宅地建物取引業協会のブースで賃貸物件所有のオーナー様へ「高齢者社会の賃貸経営」をテーマに見まもり・安否確認サービス「見まもっTELプラス」をご案内して参りました。

 

 

現在全国の空室は846万戸(2018年)と直近5年で26万戸増加傾向にあり、空室率は13.6%と空室は今後も増加の見込みという現状です。

 

その背景には、年代別人口と高齢化率の推移(2000年~2030年)で本来賃貸物件を提供したいとされている15歳~64歳までの人口が1763万人も減少しているのに対して65歳以上の人口は1512万人も増加している事が示されております。

 

2010年以降日本の人口は減少している中で高齢者の割合が総人口の27.3%と非常に高く、それに伴い単身高齢者の人口も増加しています。

 

65歳以上の単身高齢者の住み替えのニーズはますます高まる一方で、孤立死(孤独死)等のリスクを理由にその層には貸し出さないという賃貸管理会社が圧倒的に多い為に空室が埋まらなくて困るオーナーも増えているので、今回はオーナー様を中心に高齢者社会における空室対策として貸す側のリスクを最小限に押さえ、借りたい側のニーズとマッチングさせる商品「見まもっTELプラス」をご案内させていただきました。

 

立ち止まって説明をきちんと聞いていただけたオーナー様の反応は良くて「早速管理会社にこのサービスを入居条件に入れてお年寄りに入居してもらうようにしようかしら。」と言ってくださるオーナー様も多かったので、管理を委託している会社の理解度次第では相談可能な物件も増えていく手応えも感じました。

 

住み慣れた地域で何の不安もなく自分らしい最期を迎えるという特別な事を求めている訳ではない細やかな幸せすら叶わなかった故人の現場に遺された無念な思いをたくさん感じてきた私たちだからこそ強く願う孤立死のない明るい豊かな社会の実現…

 

住宅確保要配慮者への居住支援における課題はまだまだたくさんありますが、福岡県より居住支援法人指定を受け、連絡協議会に関わらせていただいておりますので、「悲しい最期」を知っている立場からの意見を主張し、官民一体となり、貸し手良し、借り手良し、社会良しの三方良しのスキームを先ずは福岡モデルの構築から尽力して参ります。

 

 

見まもっTELプラス
https://www.homenet-24.co.jp/service/house/tel_plus2.html

 

 

福岡県住宅確保要配慮者居住支援法人指定 30住計 第1758号
一般社団法人家財整理相談窓口 理事
株式会社友心 代表取締役
岩橋ひろし

 

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。