友心まごころブログ

2019年06月09日

朝倉郡筑前町にて家財整理

今回は朝倉郡筑前町にて家財整理に入らせていただきました。

 

今回のご依頼は引越しに伴う家財の整理。
ご夫婦含め5名の家族の6LDKの戸建てです。

 

引越後ではありましたが、まだ見れてない物が沢山あるとのことでしたので、一つ一つ確認の上作業させていただきました。

 

結婚式の写真やお子様の小さかった頃の写真など様々な物を見せていただきました。

 

今回の作業は2日間で行ったのですが、2日目にお客様からお電話が…
『アルバムを一式置き忘れてる!昨日片付けたなら仕方ないけど…。
あと、ご主人の包丁の伽石も!』
私も慌てて作業スタッフに確認…

 

スタッフ『写真関係はいつも通り全部とってますよ!写真アルバムまとめてます。伽石は…まだあります。』

 

さすが(`・ω・´)

 

思わず心の声がでました。

 

お客様へすぐ連絡をいれ、最終確認時にお客様へお渡しでき、大変満足していただきました。

 

今回6LDKの戸建てで残り家財、雑貨は三分の一ほどでしたが、朝倉郡筑前町の一般廃棄物業者様ご協力のもと2日間で作業完了しました。

 

最大限リユース、リサイクルを進め家財整理のお客様の満足、海外でリユース品を待っているお客様の満足を追求し、今後も精進してまいります。

 

株式会社友心
中村 涼

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneから送信

 


 

 

2019年06月07日

福岡市城南区にて家財整理作業。

先日から福岡市城南区にて家財整理作業を行いました。

 

プロアシストの村上専務に学んだ事を思い出しながら仕分け作業を行うと、以前よりも確実に処分する物量が減っています。

 

今まで自分の主観でリユース出来ないと思い込んでいた物がどれほどあったのか…。

 

明日も福岡市南区、宗像市で家財・遺品整理作業があります。

 

今後も村上専務から学んだ事を活かし、作業を行っていきたいと思います。

 

株式会社 友心
松平 翔太(まつひら しょうた)
http://yushin-magokoro.com/blog/1563

 

 

2019年06月05日

遺品整理会社の選び方!

お見積りのご依頼をいただき、お客様立ち会いのもとお見積りをさせていただいておりますが、お客様から最近「申し訳ありませんが相見積りです」と言われます。

 

関東や関西では当たり前の事だと思いますが、九州ではまだ相見積りは少なく、相見積りの場合でも2社に見積りを依頼される方がほとんどです。

 

最近そこでよく言われるのが「一点一点メモや写真を撮られるのですね、もう一つの業者は部屋を簡単に見て大体いくらぐらいです」と伝えるそうです。

 

弊社でも見積時に最大にかかる金額を計算をしてそれをお伝えし、後程事務所に戻ってからリユース等の買取を計算し見積書を送らせていただいております。

 

弊社でもお客様に成約をもらえるようにしっかりとした金額をその場で出せるよう日々努めております。

 

相見積り業者がどのような見積りを提示してるのかは分かりませんが、弊社ではお客様に分かりやすく記載し法令にも遵守しております。

 

相見積り相手によっては弊社の金額より下げて行います等言っておりますが、実際は処分の際に指定の一般廃棄物業者を使わないで自社で処分してる業者もたくさんあります。

 

その業者が不法投棄を行う業者の場合、お客様に排出者責任として法を犯すことになりますのでお気をつけください。

 

全ての同業者が悪いわけではありませんが、皆様が実際に遺品整理を業者にお願いする場合はしっかりとした業者へ依頼してもらえると幸いです。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
舘林 洋光(タテバヤシ ヒロミツ)

 

 

2019年06月04日

久留米市のリユースはワイズリユースにおまかせください❗️

あなたが使わなくなった家具や自転車、電化製品などは、他の人にとっては必要なものかもしれません。また、誰かがいらなくなったものは、あなたにとって必要なものかもしれません。
リユースショップをうまく活用して、ものを繰り返し使い、環境にもお財布にも優しい取り組みを始めませんか?

 

https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

 

久留米市が推奨するリユースショップ「ワイズリユース」ではご自宅に眠っている不要品・引越処分品を持ち込みは大歓迎ですが、出張買取も致します。

 

家具・家電などはもちろん、おもちゃ・電動工具・スポーツ用品・楽器・美容機器・ブランド品・カー用品・生活雑貨に至るまでどんな商品でもまとめて買取いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

写真は買取したテレビになります。
年式によっては買取が難しい物もありますので気になる方は、先ずはお気軽にお問い合わせください(^^)

 

株式会社友心 丸林

 

 

2019年06月01日

理想的な地域包括ケアシステムの実現へ向けて~介護保険事業者協議会

令和元年度 一般社団法人朝倉介護保険事業者協議会 総会
「筑紫地区介護保険事業者連絡協議会」改め、筑紫地区やさしい福祉「結の会」より代表して森田会長と弊社舘林と3名で参加して参りました。

 

朝倉市長をはじめ、行政、議員団、社会福祉法人、医師会、薬剤師会…地域が一丸となり見習うべき素晴らしい総会でした。

 

【地域包括ケアシステム】

 

団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を実現していきます。
 今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築が重要です。
 人口が横ばいで75歳以上人口が急増する大都市部、75歳以上人口の増加は緩やかだが人口は減少する町村部等、高齢化の進展状況には大きな地域差が生じています。
地域包括ケアシステムは、保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていくことが必要です。
(厚生労働省HPより抜粋)

 

2025年に向けて、3年ごとの介護保険事業計画の策定・実施を通じて、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じた地域包括ケアシステムを構築していく取り組みのひとつとして、地域の介護保険事業者が一堂に会し、行政との意見交換会や地域住民向けの福祉イベントやセミナーを開催し、住民主体の地域包括ケアのシステム構築に意識を向けていただく為の啓発活動を行っております。

 

一度きりのかけがえのない人生の最期を誰からも看取られる事なくお亡くなりになられ、数日~数週間あるいは数ヶ月が経過して発見される「孤立死」(孤独死)が社会問題となっている中で、その現場を目の当たりにしている我々だからこそ、悲しい最期を迎えた故人の無念さを胸に刻み、今一度地域の繋がりを見直すことの大切さを強くメッセージしていかなければならないという立場で安心して暮らせるまちづくりに尽力して参ります。

 

いろいろな地域性とさまざまな取り組みを知ることで理想的な地域包括ケアシステム実現に近付いていくと思いますので、今後も他の地域の会合にも積極的に参加して常に情報交換が出来るよう横の繋がりを強化していきたいと思います。

 

 

株式会社友心
代表取締役 岩橋ひろし

 

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。