友心まごころブログ

2019年07月14日

特殊清掃 福岡市東区

最近弊社では特殊清掃のご依頼が増加しております。

先日も福岡市東区で特殊清掃を行ってきました。この案件は、故人様が孤独死されており、死後一ヶ月程経過し近隣の方から異臭がするとの事で発見に至ったものです。
弊社において中に残されている家財等全てを片付け、数日間断続的にオゾン消臭を行いましたが臭いは完全には取れていません。
現在解体業者も加わり、臭いの発生源を全て除去する作業をしている段階です。

 

このように、特殊清掃作業は、現場の状況・状態によって様々ですが、数日間から数週間といった作業期間がかかり、費用もそれに伴い膨大となります。

 

特殊清掃をしなければならない案件に入ると、やはりコミュニティのつながりをもっと強化しなければならない、それに積極的に参加しつながりを持ち、相互に支え合える関係を築かなければならないと感じます。
単身高齢者はもちろん、そのご親族様も安心して暮らせる世の中になるよう日々思い巡らしていきます。

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE
http://ys-reuse.com/

 

2019年07月15日

1日1日を大切に生きること

今年、久しぶりに人生でやりたい事リストを作成しました…
書いた時は100個も思いつかなくて…やりたい事を思いついた時に追加していこうと思い、少しずつ増えていってます…

 

今年書いたやりたい事リストの中にホームベーカリーを買う、パン作りに挑戦する、色々なパンを作れるようになる!と書きました
書いた時は出来たらいいな程度でしたが、実際に書くと行動に移せるもので…
今年ホームベーカリーを購入し時間が空いた日に作るようになりました(^^)

 

先日、友人からパン作りを一緒にしよう!と誘われて色々なパンを作ってきました(^^)
自分ではめんどくさいし難しそうだなと思って作れずにいたパンが友人のおかげで作ることができて、凄く楽しかったです(*´∇`*)

 

やりたい事、挑戦したい事は人それぞれ違うものですが皆さんは現在やり残した事、挑戦してみたいけど出来てない事などはありませんか?

 

ブログで度々発信しておりますが誰もが今日と変わらない明日が普通にくると信じて日常をお過ごしの事と思いますが、遺品整理の現場では、こんなかたちで人生の最期を迎えるはずじゃなかった…と故人様の無念さを感じる場面を目の当たりにする機会があります
だからこそ自分自身の生き方を考えさせられるのです!
もし、明日が人生最期の日になることが分かっていたとしたならば、皆さんはその貴重な最後の1日をどのようにお過ごしになるでしょうか?

 

「1日一生」

 

皆さんも、最期に悔いのない人生を送ったと言いきれるような充実した日々をお過ごしください!

 

 

株式会社 友心 丸林

 

 

2019年07月16日

同業者様との連携!

弊社では同業者様との連携を強め、同業者様が行う整理で出る処分品の中からリユースできる品を回収させていただいております。

 

もちろん同業者様にとっては不用な処分品ですが、弊社では海外への輸出や生活困窮者の方への寄付などまだ使える不用品をリユースしておりますので処分代を減らしたいと考えてる方はぜひご連絡下さい。
もちろん未使用の贈答品などの品物によっては買取も行っておりますのでまずはご連絡下さい。

 

処分品を少なくすることによりCO2削減で社会貢献や処分代削減でお客様への還元も行なえますのでほとんどの物を処分してる方はご検討いただけますと幸いです。

 

また、本格的な夏が始まろうとしておりますが近隣の方より臭いがするという連絡で孤独死された方が発見される事が増えていきます。

 

それはいつ自分の身に起こるのかを改めて思い知らされました。

 

私ごとですが先日大叔父が倒れ緊急搬送されました。

 

幸いにも日中で窓を開けており隣の方が異常(声)に気づき119番の通報を迅速に行ってくださったおかげで今は元気に話すことができるまで回復しております。

 

今回は脳卒中などではなく以前飲んでいた薬をやめたことによる低体温症などの症状で発見が早く大丈夫でしたが、これが夜中で誰も気づかなかった場合は今回の結果にはなってなかったのかもしれません。

 

遺品整理という仕事に携わるようになり、人の死に目を背けるのではなく向き合うようになり今回改めて自分自身もいつ起こるかわからないことなので家族や親戚には連絡できるときは連絡しようと思いました。

 

仕事でもまだまだ同業者様からご指導等受けておりますが、一日でも早く友心の舘林に任せておけば心配ないと言われるよう努めていきます。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
舘林 洋光(タテバヤシ ヒロミツ)


 

 

2019年07月18日

当たり前

人生一度きり。

 

そんなことも、生きてる間は忘れてしまいがち。

 

それもそうです。
生きていることが「当たり前」の事だから。

 

自分が明日死ぬかも?
そう思いながら生活している人は、いないのではないでしょうか。

 

先日、孤立死(特殊清掃)のお見積りに伺った現場はまさにこのような現場でした。

 

玄関にはまだ靴底が白い新しい靴、台所には去年買った冷蔵庫に炊飯器。

 

亡くなった方もまさか自分がここで孤立死するなんて、これっぽっちも思っていなかったはずです。

 

発見が遅れ、死後2週間経過していたそうです。

 

もし近隣住民との付き合いがあれば、姿を見せなくなっても心配して様子を見に来てくれて発見が早くなっていたかもしれません…。

 

誰もが理想の最後を迎えれるわけではないですが、少しずつでも孤立死のない社会の実現に向けて尽力いたします。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
松平 翔太(まつひら しょうた)

 

http://yushin-magokoro.com/blog/1606

 

 

2019年07月19日

生活家電 高価買取品!

友心では家財整理や引越し等の理由により、まだ使える品物を仕方なく手放さないといけない状況下になっても、必要とされる方につなげるお手伝いをさせていただきます。

 

その際は作業代と相殺で値引きさせていただくことがほとんどですが、メーカー・商品状態・年式等で高価買取もいたしております。

 

今回は冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、トースター
どれもPanasonicの2018年製で状態も良かったため、高価買取させていただきました。

 

今回のように高年式の商品は高価買取、低年式の商品も状態によってはしっかりと担当のスタッフが査定させていただきます。

 

そんな「つなげる(再使用)」お手伝いをさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

あなたが不要な物でも次は誰かの宝物に!

 

株式会社友心 古賀

 

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。