友心まごころブログ

2019年07月04日

(no title)

先日、福岡県遠賀郡にて家財整理のお手伝いを行いました。

 

数年前に亡くなったご主人の荷物が1階洋間と2階の部屋に入るだけ押し込まれていて、奥様自身どこに何をしまったのか覚えていないという状況でした。

 

写真・記念品・本・貴重品。
後日、奥様が確認しやすいように段ボールにわけていきます。

 

また本日、福岡県糟屋郡で生前整理、福岡市東区にて特殊清掃作業を行っております。

 

現場が重なると忙しいを言い訳に作業が疎かになりがちですが、この仕事はひとつ見落とすとそれが最後…。
今一度気を引き締め作業に務めます。

 

株式会社 友心
松平 翔太(まつひら しょうた)
友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com/

 

http://yushin-magokoro.com/blog/1596

 

 

2019年07月02日

福岡市東区特殊清掃!

今年も半年が過ぎ全国的に梅雨の時期に入り、局地的な大雨による豪雨被害も出ております。

 

いつどこで誰が被害に合うか分からない天災や事故が多発する中、家族や近隣の方との希薄化が原因で孤立死が増えてます。

 

弊社でも今年に入りたくさんの孤立死現場の清掃をしておりますが、これからは暑さのため数日で腐敗が進み臭いで顔をそむけたくなるような現場の依頼が増えてきます。

 

今回の現場も臭いで近隣の方より連絡があり発見され、見積りの為中に入りましたがすぐに外に出ても服に臭いが残るほどの状態でした。

 

私自身友心に入りたくさんの経験を積みましたが、決してなれることはありません。

 

もちろんなれてはだめだと考えております。

 

なれることにより人が亡くなっているにも関わらずただの業務的な作業になると考えているからです。

 

関東では特殊清掃のみで仕事が続けられるほど多いと伺っておりますが、今後は孤立死の無い明るい未来のためにもさらなる活動してまいりますので、皆様にもご協力いただけますと幸いです。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
舘林 洋光(タテバヤシ ヒロミツ)

 

 

2019年07月01日

友心7月度月初ミーティング

本日は、毎月恒例の月初ミーティングを行いました。

 

毎月の目標を決めていますが、6月は、5月に続いて無事に海外へのリユース品コンテナ輸出も終える事が出来、ネット販売の売り上げ目標も達成する事ができました!

 

月末の貿易にあわせて、タンスに贈答品やぬいぐるみを詰めたり、食器などリユースできる商品を仕分けして準備したりしながら、ネットでの目標もあり目標達成できるように予定を確認しながら、今日は何をしたらいいのか日々考えながら取り組んだ1ヶ月だったなと感じます。
日々知識をつける為にリサーチをする事、常に結果から逆算した行動に移す大事さを実感した6月でした。

 

7月も目標達成できるように頑張ります(^^)
そして岩橋社長からのご褒美を〜(よだれ)

 

今月も海外へリユース品コンテナを輸出する予定となっておりますので、ご自宅やご実家の片付けなどで出てきた、食器や雑貨、小物類、遊ばなくなり使用していないオモチャ等に関しましては、弊社まで持込みしていただければお値段が付く品物につきましては買取致します!買取対象外の品物につきましても引き取り可能な商品につきましては、無料で引取り致しますので、お気軽にご相談ください。(出張をご希望の場合は作業代がかかる場合もございます)

 

エコでお得なリユース生活始めませんか?
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

「地球温暖化」の軽減策となる循環型社会の実現を目的とし、リユースへの意識を地域社会へ浸透させていく取り組みの小さな一歩かも知れませんが、先ずはブログをお読みいただいた皆様からのシェアをポチっとご協力の程宜しくお願い致します(^^)

 

株式会社友心 丸林

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com

 

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。