友心まごころブログ

2019年07月28日

福岡市南区 家財整理

梅雨も明け、連日の猛暑に皆さんいかがお過ごしでしょうか。熱中症にならない為にも水分補給はしっかり取りましょう。

さて、福岡市南区において、家財整理を行ってきました。

弊社では、特にReuse(再使用)に力を入れており、お客様に不要だから捨ててくださいと言われたものでも、まだ使えるものに関しては再販・寄付・貿易等あらゆる手段により必要としている方々にお送りしております。

 

弊社のReuse力は着実にアップしていると感じており、お客様の整理作業で生じる費用の削減を実行できていると思います。
しかし、そんな中でもどうしてもReuseできず、処分せざるを得ないものは出てきます。

 

これら処分品の処理方法をご存知でしょうか。
福岡市を例に取りますと、その処理方法はおよそ2通りあり、①一般廃棄物収集運搬許可業者に収集を依頼する、②市の処理施設へ自己搬入する、といった方法があります。
ただ、家一軒の整理となると①を選択する場合が多いでしょう。

 

ここで注意していただきたいのが、弊社を含め遺品整理・不用品回収・片付けといったことを生業にしている業者の全てが①の収集運搬の許可を受けているわけではないということです。
多くの事業者は、①の許可を持った福岡市指定の収集業者と連携を取っていますが、中には連携も取らず不法に処理したり・不法投棄する業者が存在しており社会問題となっています。

 

ご自身の、または親族の大切な遺品であるからこそ適正な方法で扱っていただきたいですね。
業者を選ぶ際は、上記内容も含め作業工程をしっかりと聞くことが大事かと思います。

 

お困りの際は、いつでも弊社までご連絡下さい!

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE
http://ys-reuse.com/

 

2019年07月29日

お盆前のお片付けはワイズリユースにおまかせください❗️

お盆前にご自宅の片付けをしてスッキリ過ごしませんか?

 

友心のリユース部門のエコステーション久留米ワイズリユースは、久留米市環境部資源循環推進課のリユースショップ連携事業でリユースでゴミを減らす(CO2削減を目的)取り組みを官・民で手を取り合い、市民向けサービスの一環としても行っております。

 

家具・家電などはもちろん、おもちゃ・電動工具・スポーツ用品・楽器・カー用品に至るまでどんな商品でもまとめて買取いたします。
見積りは無料で行いますので、先ずはお気軽にお問い合わせください。(ウェブ査定・LINE@査定も対応しております!)

 

ウェブ査定ページ
http://ys-reuse.com/mail/

 

LINE@査定ページ
line://ti/p/@oes9394r

 

 

また、ご自宅やご実家の片付け途中などに出てきた割れや破損がない状態であるものの、ここ数年は家族や親戚の集まりも少なく、お客様を迎える機会もない為に、全く使用する機会がなく、少しずつ処分していく事を考えている食器や雑貨、小物類、ぬいぐるみ等、子どもが幼い頃に遊んでいて現在は押し入れに入れたままのオモチャ等に関しましては、弊社まで持込みしていただければお値段が付く品物につきましては買取致しますが、買取対象外の品物につきましても無料で引取り致しますので、お気軽にご相談ください。(出張買取、引き取りをご希望の場合は出張作業費用がかかる場合があります)

 

お盆前に身のまわりを捨ててスッキリするのではなく、リユースという選択で、モノに宿った「想い」を大切にして再使用してくれる方の元に繋ぎ、御先祖様を気持ちよくお迎えしてください😊

 

 

株式会社友心 丸林

 

 

2019年07月30日

福岡市 一般廃棄物収集運搬業許可(限定許可)

以前より申請しておりました福岡市の遺品整理に対して限定の一般廃棄物収集運搬業許可を本日ようやく受けることができました。

 

近年特殊清掃(孤立死)が増え、その際に出る緊急な汚染物の撤去を各地区に指定される一般廃棄物収集運搬業者様に依頼をしておりますが、臨時収集の他に一般収集もある為に早急な対応ができず、着工までに日数がかかり、汚染物を撤去することができない為に汚染箇所が増え特殊清掃の費用や原状回復の費用が増えお客様に余計な負担をかける場合があります。

 

しかし、今後は限定許可により緊急時、土曜日祝日や大型連休により一般廃棄物収集運搬業者が休日の場合もお客様都合に合わせて作業を行えるようになりました。

 

今回の許可の様に弊社ではお客様のために何ができるのか?を代表の岩橋を始めスタッフで常に考えておりますので、今後も業界の健全化を目的に遺品整理業界の見通しとなれるよう努めていきます。

 

また今回は弊社の他にもう一社遺品整理専門の会社が許可をもらうことができましたが、既存の一般廃棄物収集運搬業許可業者以外では、弊社とその業者以外の会社が処分場へ持ち込む事は違法になります、また処分場へ持ち込まず不法投棄することはもちろん違法です。

 

不法投棄されたことが原因でその廃棄物の中から排出者が特定されたご依頼者には依頼先が不明確な場合には、排出者責任に問われかねないので、遺品整理業者選びの際はしっかりと処分方法は確実に確認していただく事をお勧めします。

 

私自身もより良い暮らしのために何ができるのかを常に考えながら行動していきます。

 

友心PV

 

株式会社友心
舘林 洋光(タテバヤシ ヒロミツ)

 

 

2019年07月25日

相続に向き合う事の大切さ

先日東京で、私が福岡支部長を務めております一般社団法人相続ファシリテーター協会(JIFA)全国支部長会議が開催されました。

 

今、まだまだ生涯現役という元気なお年寄りも多く、「終活」というキーワードに対して「年寄り扱いするな!」と言っている方に限って何も準備しておらず、ましては現在は核家族世帯で親子が頻繁に会う機会も少ないご家族も多い中で、お互いの事もあまり良く理解していない為に、相続人となる側も「相続」について事前に意識して考えてないことで親(被相続人)にはどうせ大した財産もないから等の安易な考えや、相続人にも知識がない等の理由により、相続税がかからないから相続問題は起こらない等と思われがちですが、相続は誰にでも起こる問題なのです。

 

お互いの認識の誤りにより、相続準備を怠り「相続」が「争族」になるケースが非常に多くなっています。

 

だからといって誰に相談して良いかがわからない、また、専門家に相談すると、とても高額な費用を支払わなければならないのではないか?等の理由から躊躇している相続人も多く、更には税理士、弁護士、司法書士、行政書士等の一般的に法律の専門家と言われる士業の全てが相続が得意とは限らず、実際に相続に対しての実績がない専門家とは知らずに信頼して任せた結果、相続を失敗してしまった事例もよくある話です。

 

皆様の「相続」を「争族」にしないために、相続対策に重要な3つのポイントである、遺産分割対策、納税資金準備、相続税節税対策を相続に詳しい専門家と一緒に検証し、相続人へ適切な相続対策をアドバイスし、被相続人の想いを遺すお手伝いをするのが「相続ファシリテーター協会」の社会的役割です。

 

法律家ではない遺品整理業を営む私が何故協会の支部長を務めているのかと言いますと、相続する過程で全て手続きが終わった段階で我々に遺品整理のご依頼をいただく事が多いのですが、相続が終わった後に故人の遺品整理中に見つかったタンス預金なる現金や預貯金、ゴールドバー、貴金属等々…度々このようなケースもあるので、相続がやり直しとなる前の段階、つまり生前の準備である「終活」がどれだけ大切で重要な事であるかと過去の事例を元に強くメッセージ出来る立場だからこその必要な役割を担っているからです。

 

全国各地で直面している相続問題について、各専門分野別の法律家のスペシャリストが「大切な人の為に、いま、自分が出来ることを。」をテーマに具体的かつ最良の解決策をご提案させていただきます❗️

 

 

生前の相続対策についてのご相談は一般社団法人 相続ファシリテーター協会まで
https://www.jifa-c.net/

 

 

一般社団法人相続ファシリテーター協会 福岡支部長
一般社団法人家財整理相談窓口 理事
株式会社友心 代表取締役
岩橋ひろし


 

 

2019年07月12日

遺品整理の現場からのメッセージ

7/6(土)天国社 終活寺子屋
7/9(火)えんまん相続研究会
7/10(水)石原塾

 

最近はおかげさまで様々なところから、多数講演のご依頼をいただく様になりまして、年齢層も幅広くご聴講いただいております。
遺品整理という職業に対しての本質的な深い部分までを正しくご理解いただく事と私自身が講師活動をしている目的にご賛同いただける機会が増えた事に本当に有り難く感じております。

 

思えば始まりは今から6年前に春日市社会福祉協議会の職員さんから地域のお年寄り6~7名ぐらいの前でお話をしてくれない?というご依頼がきたのがきっかけでとても緊張したのを今でも覚えています(笑)

 

それから様々な遺品整理現場と向き合う過程で度々感じる「本当にその人らしい最期だったのではなかったのでは?」という今は語る事が出来ない故人が生前に言えなかった想いを俺が代弁しなければこの方は浮かばれないな…という気持ちが強くなり、核家族社会で希薄化した家族の絆を今一度繋ぎ直すことや、近隣の方々とのコミュニケーションの大切さ等々…人として大切なものを大切にする生き方を伝えていくことこそがこの職業に携わる立場としての「使命」だと胸に刻み「想いを大切に…」の弊社の企業理念もこの頃に固まりそれから人前で話す機会を率先して引き受けることにしたのです。

 

今ではとても高い評価をいただけるようになり、講演後に聴講いただいた方々からの声もとても前向きな変化を感じるご感想をいただけております。
「今日は親に電話してみます!」
「何度も泣かされたよ」
「本当に良い話だったよ」
「今日から1日一生の生き方をしていくよ」
「とても考えさせられる内容だったよ」
「普段は途中で寝るけど今日は寝ずに聴けたよ」(笑)
等々…

 

これらの感想は全て自分自身のご家族に思考を置き換えて聴けたからこそのご感想であり、この日を境に御家族間や御近所とのコミュニケーションが見直されていけば「社会からの孤立」も減っていくと信じています。

 

しかし、現実的には今月も孤立死現場からの特殊清掃のご依頼が多く、まだまだ私が掲げる理想の社会実現には時間がかかります。

 

イジメ、差別、虐待、自殺、孤立死のない明るい社会の実現に貢献出来るように今以上にヒューマンスキルを磨き、これからも講師活動に力を入れて参ります。

 

 

株式会社友心
代表取締役 岩橋ひろし

 

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。