友心まごころブログ

2019年08月22日

無駄な買い物を減らすために

お盆もあけ日常生活に戻りつつありますが
お盆期間に無駄な買い物をしてしまった…
という方もおられるのではないでしょうか
買ったはいいけど、使わない
サイズが合わなかった、思っていたのとは違った、結局全然使っていないなどなど

 

無駄な買い物を減らすために、物を買う時に考えさせられる言葉を紹介したいと思います。

 

「世界で一番貧しい大統領」と言われたホセ・ムヒカさんの言葉です。

 

【前ウルグアイ大統領 ホセ・ムヒカさん】
(中略)「モノを買うとき、人はカネで買っているように思うだろう。でも違うんだ。そのカネを稼ぐために働いた、人生という時間で買っているんだよ。生きていくには働かないといけない。でも働くだけの人生でもいけない。ちゃんと生きることが大切なんだ。たくさん買い物をした引き換えに、人生の残り時間がなくなってしまっては元も子もないだろう。簡素に生きていれば人は自由なんだよ」

 

この言葉を意識していたら余分な物を買わなくてすむかもしれません。

 

お金=時間、つまり時間とは無限にあるようで実は有限であり、その貴重な時間を費やして稼いだお金で購入してきた身のまわりにある品々…そのように考えると、どれ1つとっても無駄なモノはありません。

 

不要となったモノも皆さんが費やしてきた大切な時間の結晶ですので、安易に捨てるという選択をするのではなく、まだまだ使えるモノであれば、ワイズリユースまでお気軽にお問い合わせください。
 
ウェブ査定ページ
http://ys-reuse.com/mail/

 

LINE@査定ページ
http://line.me/ti/p/%40oes9394r

 

 

株式会社友心 古賀

 

 

2019年08月26日

片付け作業で発見しました。

先日、マンションの全ての部屋を片付ける作業のご依頼を頂きました。
マンションをリニューアルするとの事で、住人の方は必要なものを持って引っ越しをし、使わない物・処分する物は部屋に残したままで退去して良いと、オーナーさんが住人の方に伝えていたそうです。

 

50戸ほどあるマンションでしたが、置いていかれた家具の量は様々で、キレイに何も無い部屋から殆どの家財を置いて引っ越した方もいらっしゃいました。

 

今回の作業は、「遺品整理」ではなく、引っ越し後の「家財整理」でした。
住人の方皆さんご自分の意思で荷物をまとめて引っ越しをしたと思いますが、なんと、一室から総額50万円を超す現金が見つかりました。

 

押入れの布団の奥から見つかった財布の中や、封筒の中、キッチンの戸棚の奥など様々な場所から見つかりました。
隠した事を忘れてしまったのか、病気などの影響で思い出せなかったのかは分かりませんが、事実として多額な現金が見つかりました。

 

私どもが遺品整理や家財整理、片付けをする時は、現金や貴重品が必ずあると思って仕分けをいたします。
時間は少しかかってしまいますが、大切なものに気付かず捨ててしまう事が無いように気を付けております。

 

大切な方の遺品整理や探し物がある遺品整理は、是非私どもにお任せ下さい。
必ず探し物を見つけ出す事をお約束いたします。

 

追記
見つけた現金は、オーナーさんにお話ししたところ、住人の方にお届けして下さると言う事でした。

 

 

株式会社友心
本多

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com

 

image2.jpeg

 

2019年08月16日

福岡市 一般廃棄物収集運搬業 限定許可を使用しお盆休みに特殊清掃!

早速限定許可が活躍しております!

 

先月末に弊社が福岡市一般廃棄物収集運搬業限定許可を受け、初の大型連休のお盆でしたが一般廃棄物業者も休業の為、初めて収集運搬を行いました。

 

もちろん孤立死(遺品整理)で近隣の方よりクレーム等ある為に早急な対応が求められたので今回連休中に作業を行いました。

 

これからは休日や早急な対応を求められるお客様や管理会社の方、近隣の方のご要望に応えることができると確信しております。

 

今後もお客様の為に何が出来るのかを常に考えて、より良いサービスを提供していきます。

 

また、政令都市として初めての限定許可になりますので全国のモデルとして恥ずかしくないようスタッフ一同気を引き締めて行きたいと思います。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
舘林 洋光(タテバヤシ ヒロミツ)

 

 

2019年08月14日

ワイズリユースはお盆の連休中も対応しますのでご実家の整理時にはご相談ください

友心のリユース部門のエコステーション久留米ワイズリユースは、久留米市環境部資源循環推進課のリユースショップ連携事業でリユースでゴミを減らす(CO2削減を目的)取り組みを行っております。

 

久留米市は全国的に見てもリユース・リサイクルに力を入れている自治体ですが、それでも行政が行えるリユースと我々、業としてリユースを行う民間とでは、取り扱える品目も大きく違い、また、販路や寄付先などの行き先ルートも豊富で、更には市の管轄では冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンのいわゆる白物家電の対応が出来ないため、住民サービスを充実させる事はもとより、地球環境にやさしいリユースを促進させることで、これまで以上の売り手良し、買い手良し、社会良しの三方良しの関係を実現し、より良い町づくりの一環として官民一体のリユース事業の仕組みを久留米市から近隣地域へと発展させていきます❗️

 

お盆の連休中もワイズリユースが全て対応いたします。

 

https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2100kankyougomi/3040recycle/2018-0804-0953-54.html

 

ワイズリユースではご自宅に眠っているまだまだ使うことができる不要品・引越処分品を出張買取致します。
家具・家電などはもちろん、おもちゃ・電動工具・スポーツ用品・楽器・カー用品に至るまでどんな商品でもまとめて買取いたします。
見積は無料で行いますのでお気軽にお問い合わせください。

 

また、ご自宅やご実家の片付けなどで出てきた割れや破損がない状態でも、ここ数年は使用する機会がなく、少しずつ処分していく事を考えている食器や雑貨、小物類、子どもが小さい時に遊んでいたけど現在は押し入れに入れたままのオモチャ等に関しましては、弊社まで持込みしていただければお値段が付く品物につきましては買取致しますが、買取対象外の品物につきましても無料で引取り致しますので、お気軽にご相談ください。(出張作業代がかかる場合もあります)

 

 

エコステーション久留米ワイズリユース
http://ys-reuse.com/

 

株式会社友心 丸林

 

 

2019年08月13日

遺品整理 個人情報保護

先日運転免許の更新手続きをするため、福岡自動車運転免許試験場に行ってきました。

 

今回の更新でもゴールドを維持できましたが、慢心せず常に安全運転で業務を行っていきたいと思います。

 

話は変わりますが、遺品整理をしていると、どう取り扱うべきか困るものが沢山出てきます。全てを処分するのは躊躇いがある、しかし全てをご遺族様に渡すわけにもいきませんので、残す物と処分する物とをしっかりと判別し整理していかなければなりません。

 

一方で運転免許証のように個人情報が記載されているものに関しましては、法的に処分方法(返却先)が定められています。
主なものを上げておきます。
運転免許証:警察署へ
パスポート:各都道府県庁の旅券課窓口へ
保険証:勤務先や各市区町村役場の窓口へ
マイナンバーカード:各市区町村役場の窓口へ

 

また、他にも公的文書でなくとも法的に保護される個人情報に関しては、トラブルを未然に防ぐため適正な処分をする必要があります。
ここにいう個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名等により特定の個人を識別することができるものをいいます(個人情報保護法第2条第2項)。基本的には生存する者に関する情報ですが、故人様の情報が遺族等の生存する個人に関する情報でもある場合には、生存する個人を本人とする情報として、個人情報に当たることになります。
したがって、整理や掃除の際に何も確認せず、どんどん処分してしまうと情報の流出といった大変な事態になりかねません。

 

弊社では、整理作業に入る際は、コンプライアンスを意識し、ご遺品を一つ一つ丁寧に取り扱い、書類一枚にしてもしっかりと確認して処分しております。
安心してお任せください!

 

業者選びの際は、上記のような点も考慮して作業工程・方法等をしっかり確認していただきたいと思います。
ご不明な点等ありましたら、いつでもお問い合わせください。

 

 

 

株式会社 友心
徳永達也

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

Y's REUSE
http://ys-reuse.com/

 

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。