友心まごころブログ

2019年07月18日

当たり前

人生一度きり。

 

そんなことも、生きてる間は忘れてしまいがち。

 

それもそうです。
生きていることが「当たり前」の事だから。

 

自分が明日死ぬかも?
そう思いながら生活している人は、いないのではないでしょうか。

 

先日、孤立死(特殊清掃)のお見積りに伺った現場はまさにこのような現場でした。

 

玄関にはまだ靴底が白い新しい靴、台所には去年買った冷蔵庫に炊飯器。

 

亡くなった方もまさか自分がここで孤立死するなんて、これっぽっちも思っていなかったはずです。

 

発見が遅れ、死後2週間経過していたそうです。

 

もし近隣住民との付き合いがあれば、姿を見せなくなっても心配して様子を見に来てくれて発見が早くなっていたかもしれません…。

 

誰もが理想の最後を迎えれるわけではないですが、少しずつでも孤立死のない社会の実現に向けて尽力いたします。

 

友心PV
https://youtu.be/OUYrk4oFU80

 

株式会社友心
松平 翔太(まつひら しょうた)

 

http://yushin-magokoro.com/blog/1606

 

 

2019年07月19日

生活家電 高価買取品!

友心では家財整理や引越し等の理由により、まだ使える品物を仕方なく手放さないといけない状況下になっても、必要とされる方につなげるお手伝いをさせていただきます。

 

その際は作業代と相殺で値引きさせていただくことがほとんどですが、メーカー・商品状態・年式等で高価買取もいたしております。

 

今回は冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、トースター
どれもPanasonicの2018年製で状態も良かったため、高価買取させていただきました。

 

今回のように高年式の商品は高価買取、低年式の商品も状態によってはしっかりと担当のスタッフが査定させていただきます。

 

そんな「つなげる(再使用)」お手伝いをさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

あなたが不要な物でも次は誰かの宝物に!

 

株式会社友心 古賀

 

 

2019年07月20日

久留米市にて家財整理作業

九州福岡もあいにくの天気ではありますが、本日も久留米市内にて家財整理にお伺いしました。

 

今回のご依頼内容はリフォームに伴う家財整理です。
リフォームにてキッチン周りやクローゼットを作り直すということで、不要になってくる家財や贈答品を引き上げさせていただきました。

 

お見積りにお伺いした際に奥様は、『ご夫婦二人となった今、こんなに物があってもねぇ。』と
二言目は『でも、壊して捨てるのはねぇ…』とのこと。

 

私からは、お客様へ
『当社ではリユース品として回収作業を行い、海外で利用してもらってますよ。壊して捨てるより気持ちも落ち着きませんか?』とお話しさせていただいたところ悩んでいた顔もスッキリされた感じがしました。

 

本日も『行き先があって、ほんとよかったー!』と喜びの声を聞くことができました。

 

 

みなさん片付けの踏ん切りがつかないのは、今回のお客様と同じ様な思いが交錯しているからじゃないかと思います。

 

片付けたい、たけど捨てるのはちょっと…

 

そんなときは友心まごころサービスへご連絡ください。
処分費の軽減、家財へ対する思いも繋ぎます。

 

是非一度ご連絡お待ちしております(^^)

 

 

株式会社友心 

中村 涼

 

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE

http://ys-reuse.com



image1.jpeg



image2.jpeg

 

 

iPhoneから送信

2019年07月22日

久留米市で猛烈な雨

image4.png

 

猛烈な雨が数日続きましたが、皆さんの地域は大丈夫だったでしょうか?

福岡県久留米市にある弊社の倉庫は、なんとか被害は免れましたが、テレビやラジオでは沢山の被害があったと報道されていました。

 

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

急な大雨などに備えて、日頃から準備をしたり情報収集をして、被害に遭わないように気を付けなければいけないと思いました。

 

 

本日は、急遽3件のお見積もりを頂きました。
そのうちの1件は、急いで片付けて欲しいとのご依頼でした。

 

私どもは、出来る限りお客様のご要望に即対応できるようにお見積もりの準備を各車両に用意しております。

 

お客様ご自身が、日程の調整や片付けの段取りをするのはとても大変な事だと思います。
とくに特殊清掃などの急を要するご依頼は、お客様も冷静に判断をする事が難しい状況にあると思います。

 

私どもに出来る事は少ないと思いますが、お客様の負担をなるべく少なくする事が大切だと考え、急なお見積もりのご依頼でもすぐに対応出来るように、これからもしっかりと備えていきたいと思います。

 

お困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

株式会社友心 

本多

 

友心まごころサービス

http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE

http://ys-reuse.com

 

2019年07月10日

久留米市で家財整理。

本日久留米市にて家財整理の作業をさせて頂きました。

 

なるべく処分する物を減らす為にリユース・リサイクルに力を入れておりますが、今回は3DKのお部屋でしたので、平ボディの1.5tトラック2台程の処分品が出てしまいました。

 

家庭から出る処分品(ゴミ)は、指定袋に入れて収集日に出すか、ご自身で処分場に持ち込みをするか、市区町村から一般廃棄物収集運搬の指定を受けた業者に臨時収集を依頼して持って行ってもらうかしか有りません。

 

市区町村から指定を受けていない業者、あるいは居住者ではない個人がゴミを敷地内から出す事は法律(条例)で禁止されています。
友人が善意でゴミを処分場に持って行ってあげる事も違反になってしまいます。(自治体によりルールは違います)

 

実は久留米市では、一般家庭から出るゴミを臨時で収集出来る業者は1社しかございません。
この業者以外は、家庭から出るゴミを臨時で収集し、処分場に運ぶ事は出来ません。
産業廃棄物収集運搬業や便利屋業や運送業などの業者さんは、一般廃棄物のゴミを敷地内から持ち出す事は一切行ってはいけません。

 

今回の久留米市の家財整理も、1ヶ月前から臨時収集の依頼を久留米市役所を介して指定業者に依頼をしておりました。電話で予約をするときは、ご依頼者様本人から市役所に連絡をしないと受け付けて頂けません。私達のような業者から連絡をし、予約する事は出来ないのです。

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)が、今の時代、ニーズに合っていないような気がします。(個人的な感想です)
ただ、ルールは守らないと行けません。このルールを守らない、あるいは知らない業者があまりにも多いと思います。
ゴミの越境や不法投棄を堂々と語る業者もいらっしゃいます。

 

しっかりとルールを守り、適正に処理をしている業者さんもたくさんいらっしゃいます。
正しい事をして損をする、不正な事をして得をするような世の中にはなって欲しく有りません。

 

ご依頼者様のご希望になるべく添えるように、ゴミの問題について環境省や自治体としっかり連携を取って、取り組んでいきたいと思います。

 

株式会社友心 
本多

 

友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

 

Y’s REUSE
http://ys-reuse.com

image1.png

「友心まごころサービス」は遺品整理を通して地域活動にも参加しています

福岡県及び九州地方全域で遺品整理や生前整理のご依頼を承る「友心まごころサービス」は、数多くのご依頼を通して感じた孤立死問題に対して真剣に向き合い、一人でも多くの方がそうした悲しい最期を迎えてしまうことがないように各地で講演会等を行っております。
また、遺品整理にて再利用が可能と思われる品 (主に未使用の消耗品等) があった場合はご遺族のご了承のもと、必要とされている機関に寄付をさせて頂くことで社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。